• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 兵庫
  • 頌栄短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 西面 知佳さん(保育科/幼稚園教諭)

絵本の読み聞かせは日課。主に季節の絵本を読みます

先輩の仕事紹介

厳しくも温かい頌栄で一緒に保育を学んだ仲間たちは、卒業後の今も唯一無二の存在

幼稚園教諭
保育科/2016年3月卒
西面 知佳さん

この仕事の魅力・やりがい

幼稚園教諭の仕事の魅力は、子どもたちの成長を身近に感じられること。日々の生活のなかで、「あ、こんなことができるようになったんだ」と気づけたとき、本当に嬉しい気持ちになります。また、子どもたちは毎日のように些細な喧嘩をします。大人の意見で問題を解決することは簡単ですが、ここはぐっと我慢。子どもたちは自分たちで答えにたどり着ける力を持っているので、子どもたちを信じて、みんなが納得する結果を引き出します。その過程は長くて苦しいこともありますが、みんなで乗り越えると、苦しさより喜びが勝ります。小さな成長を積み重ねながら日々前へと進んでいく子どもたちからは、毎日たくさんのパワーをもらっています。

学校で学んだこと・学生時代

頌栄の授業は、とにかく実習が多い印象です。絵本やわらべ歌、手遊びなども実践のなかで楽しく学べました。幼稚園が隣接しているので、子どもたちと授業を通して触れ合う機会も多く、授業で学んだことを試せるチャンスが身近にあったことも良かったです。ただ、学生の実習とはいえ、現場に出れば、小さな子どもの命を預かることになります。ここでは、楽しいだけではなく、厳しい指導もたくさんありました。現場での保育を想定した保育計画書の作成は、細部までチェックが入って本当に大変でした。ですが、現場に出るその日を想定して、幼稚園教諭としてはもちろん、社会に出る一人の大人としての自分を磨ける場所だったと思っています。

ピアノを使ったリズム遊びは、子どもたちに人気です

これからかなえたい夢・目標

子ども「たち」という集団に対応するのではなく、子ども一人ひとりと心を通わせながら保育をする大切さが、3年目にしてようやくわかるようになりました。それは、頌栄で学んだ保育や、学生の頃、頌栄幼稚園の先生から聞いた【生きる力の火種】のお話とつながり、今も私の心のなかにあります。小さい頃に友達と遊んだ記憶、お母さんや先生に愛された記憶が、将来の生きる力になる。そんな気持ちを大切に、日々、子どもたち一人ひとりと向き合い、子どもたちがやりたいことや、興味のあることを見つけたり、挑戦していける力を育てていける先生になれるよう、これからも精進していきたいと思っています。

計画書は日、週、月の単位で作成。打合せは朝夕2回

西面 知佳さん

頌栄幼稚園 幼稚園教諭/保育科/2016年3月卒/語学(英語、韓国語)が好きだったこともあり、中学生の頃は、子供英会話教室の先生になることが夢でした。ですが、韓国でボランティア活動に参加した際、子どもたちのなかでトラブルが起きても、どう対処していいのかわからず、もっと根本的に保育を学びたいという気持ちが湧きあがりました。頌栄で保育を学ぶうちに、子どもたちが日本の社会で生きていく力を育むのは、語学ではなく、保育そのものだと感じるようになり、「幼稚園の先生になる」という選択をしました。頌栄幼稚園に就職して3年目。1年目から担任を任されて、日々発見と学びの連続。忙しくも楽しい毎日過ごしています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

頌栄短期大学(私立短期大学/兵庫)