• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 兵庫
  • 頌栄短期大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 子どもの成長を仲間と一緒に喜べる!15年目の今も新鮮な毎日を送っています。

子どもの成長を仲間と一緒に喜べる!15年目の今も新鮮な毎日を送っています。

井奥 千恵さん 2000年度入学

0歳から就学前の子どもたちの保育を続けて15年。卒園した子どもたちが中・高校生になり、トライやるウィークや進路に迷ったときに私を訪ねてきてくれるようになりました。職場の仲間と「1歩歩いた!」「ごはん食べられたよ!」と、小さな成長を喜んでいた子どもたちが大きく立派になった姿が見られて、こんなに嬉しいことはありません。今は主幹になり、担任を持たなくなったのは寂しいですが、これからも一人ひとりを大切に、子どもたちを見守りながら、自分自身も成長していきたいと思います。
学校で学んだこと・学生時代
とにかく忙しくて中身の濃い、充実した2年間でした。たくさんあった実習の間は友達にも会えないのですが、「みんなも頑張っているんだから、私も頑張らないと!」と力を貰っていました。学校全体で同じ目標に向かって進んでいくので、楽しいこともしんどいこともいつもみんなと一緒。苦労を乗り越えてきた仲間は今も大切な存在。保育士を続けている友達も多く、会うと仕事の話や悩み相談をすることも。頌栄は先生方の指導とサポートが手厚かったとよく思います。卒業後スムーズに現場に立てたのも、いい勉強をさせてもらっていたおかげだと感謝しています。
これからかなえたい夢・目標
保育士になる夢はかなえましたが、まだまだ成長途上。毎年新しい子どもたちが入園してくるので、その一人ひとりの個性を大切に、「どうすれば子どもたちの主体性を伸ばせるか」「どんな風に育って欲しいか」を考え続ける毎日です。また、今後は園内だけにとどまらず、地域での子育て支援にも関わっていけないだろうかと考えています。たとえば地域のお母さん方に園に足を運んでもらっての保育相談やイベントを開催するなど。幸い、近所に同系列の園がいくつかあるので、連携して取り組めるのではないでしょうか。地域全体でコミュニケーションを取って、みんなで子どもの育ちを見守るサポートができれば嬉しいですね。
井奥 千恵さん
社会福祉法人 神戸YMCA福祉会 幼保連携型認定こども園 YMCA保育園 主幹保育教諭/保育科/2002年3月卒/井奥さんが保育士になろうと思ったのは、幼稚園のときの担任の先生への憧れがきっかけ。「いつしか自分も保育士を目指していました」。
頌栄短期大学(私立短期大学/兵庫)