• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ESPエンタテインメント東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 楽器技術科2年制

東京都認可/専修学校/東京

イーエスピーエンタテインメントトウキョウ

現校名 ESPミュージカルアカデミー 2018年4月名称変更予定 計画中

楽器技術科2年制

募集人数:
120人

徹底したものづくり・実習で技術を磨く。ギター、ピアノ、管楽器・打楽器の制作・修理に精通した「楽器職人」を育成

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 楽器演奏者

    楽器の高い演奏技術をもち、音楽を創り上げる

    コンサートや楽曲のレコーディングの際に、楽器を演奏する。ジャンルはクラシック音楽やジャズ、ロックなどさまざま。ソロで演奏したり、バンドやオーケストラのメンバーや、レコーディングスタジオのミュージシャンとなって楽器を演奏する。楽器演奏の技術に加え、その楽器をよい音色で奏でるための理論と、楽曲に関する幅広い知識をあわせ持てば、音楽学校の講師として働く道もある。

  • 楽器クラフトマン

    楽器をつくる芸術家

    楽器を創り出す職人。バイオリンやギターなど、最初から最後まで作り上げる人。その楽器のことをよく知り、また音感をしっかり持っていることも欠かせない。

  • 楽器リペアマン

    楽器を修理する職人

    楽器が壊れたときに修理する専門家。楽器の素材や微妙な音色の調節なども行う繊細な作業。楽器を作る楽器クラフトマンが兼ねる場合も多い。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • ピアノ調律師

    ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者

    家庭や学校に出向いて、ピアノの調律・保守を専門に行う技術者。音楽的原理に基づいた基本的な音程をつくる調律、最もよい状態で音が出る楽器に仕上げるための整調、イメージ通りの微妙な音色を創り出す整音の作業を行う。部品交換などの修理も仕事の一つ。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • ローディー

    楽器の調整をはじめ、コンサートステージとミュージシャンを支える裏方

    楽器のチューニングやセッティング、リペアなどを行う専門家。コンサート会場やレコーディング、TV撮影など、働く場所もさまざまで、体力も必要とされる仕事だ。ミュージシャンや所属事務所から発注を受けて働くケースが一般的。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 150万円  (初年度。入学金・教材費・施設費等を含む。2年次は130万円)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

【ギター製作コース・ギターデザインコース】2年で3~5本のギターを製作し、2年で技術を習得
世界的なオーダーメイドギターのブランド「ESP」の技術を、基礎から学ぶ。ギター製作コースでは、製造の現場で即戦力となる人材育成のために、製作技術を集中して身につける。ギターデザインコースは、これまでの加工技術に加えてデジタル技術も学習・融合し、デザイン・造形・楽器づくりすべてを楽しめるコース
【管(・打)楽器リペアコース・管楽器総合コース】多彩な楽器に対応する技術・知識を学ぶ
2年間で木管楽器・金管楽器・打楽器を修理できる技術を習得。楽器修理・販売・演奏など将来の夢に合ったコースを選び、管楽器をとことん学ぶ。実践的な課題で基礎力をつけ、個別指導で確実な技術に磨きをかける
【ピアノ調律コース】ピアノの調律はもちろん、構造や歴史にまで精通したエキスパートを育成
ピアノの調律・整調・修理のプロとして通用する高い技術を学ぶ。実習を中心に技術を習得するほか、ピアノの歴史や構造、音楽概論についても学ぶ。演奏実習では音楽をさまざまな角度から楽しむことをも学び、ピアノに精通したピアノチューナーのエキスパートをめざす

卒業後

楽器クラフトマン・リペアマンや販売員のほか、学校や音楽関連施設、楽器会社での活躍も
楽器工場や工房などでのギター製作や、一般家庭・学校・公共会館・コンサートホールや、録音スタジオでの調律や整調・修理などの分野で活躍。楽器商社や輸入代理店への就職、音楽スタジオやリース会社、販売店やリペアショップでの活躍も。専門知識を活かして、音楽事務所やローディー・テクニシャン会社への就職も

イベント

業界から審査員やゲストミュージシャンを招いてのギタークラフトコンテストや作品展示会を開催
ギタークラフトコンテストは、業界より招いた審査員やゲストミュージシャンに、自作のギター、ベースを評価してもらう、貴重な機会。毎年、どんなミュージシャンがゲストとして来校するのかも楽しみのひとつ。また、自分で製作した楽器を持って出演するライブイベントもある
「卒業コンサート」を開催
毎春、「卒業コンサート」を開催。クラシックからジャズ、ロックまであらゆるジャンルの曲を披露し、お客さんでいっぱいの会場からは拍手、手拍子、時には笑い声まで聞こえてくる、学びの成果を発表するだけではなく、大いに盛りあがるコンサートになっている

募集コース・専攻一覧

  • ピアノ調律コース (2018年4月設置予定)

  • ピアノ/管楽器コース (2018年4月設置予定)

  • 管楽器リペアコース

    • 管楽器リペアコース(2年次選択) (2018年4月設置予定)
    • 管楽器/打楽器コース(2年次選択) (2018年4月設置予定)
  • 管楽器総合コース

  • ギターデザインコース (2018年4月設置予定)

  • ギター製作コース (2018年4月設置予定)

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ヤマハミュージッククラフト 、 フジゲン 、 ESP 、  西部ピアノ 、 東京ピアノ技術センター 、 音研 古河ピアノガーデン 、 島村楽器 、 下倉楽器 、 石橋楽器 、 宮沢フルート製造 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-3-19 入学事務局(本館)
TEL 0120-37-6986
esp@esp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区高田馬場3-3-19 JR・西武新宿線・東京メトロ「高田馬場」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


ESPエンタテインメント東京(専修学校/東京)