• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 辻製菓専門学校

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

ツジセイカセンモンガッコウ

辻製菓専門学校の風景

オーナーパティシエ、ホテルパティシエ、パン職人。多くの卒業生が国内外で活躍中

洋菓子から和菓子、製パンまで製菓の技術を習得。多くの卒業生が、こだわりの店を開いたり、マスコミから注目されるパティシエになるなど、夢を叶え活躍しています。またフランス校への留学コースも設置。

辻製菓専門学校の特長

辻製菓専門学校の特長1

洋菓子から、和菓子、製パンまで。幅広いジャンルの製菓技術とセンスを磨く

フランス・ウィーン・ドイツなどの洋菓子から伝統的な和菓子、製パン、アメ細工、チョコレート細工まで幅広く学びます。授業では、基礎を反復しながら学ぶことで、技術を確実に習得。使用する食材も一流のものばかり。さらにヨーロッパ各地で研修を積んだ先生による授業とともに、国内外から有名パティシエを招いての講義も実施。世界の技術やトレンドを身近に体験できる機会をたくさん用意しています。また、2年制の製菓技術マネジメント学科では1年目修了時に、1年制の製菓衛生師本科では卒業と同時に、製菓衛生師(国家資格)の受験資格が取得できます。さらに、「ダブルライセンスコース」では、製菓衛生師と調理師免許をめざします。

辻製菓専門学校の特長2

有名ホテルの製菓部門長からオーナーパティシエまで、国内外で卒業生が活躍!

ホテルで提供されるすべてのケーキをつくる製菓長、世界大会の日本代表、地元の人に人気のお店をオープンさせたオーナーパティシエ、テレビで見た憧れの店に就職したパティシエ。卒業生たちはそれぞれの夢を叶えて国内外で活躍しています。テレビや雑誌で注目を集めているパティシエやパン職人など、卒業生のお店や会社に就職する学生も。学校では、そんな憧れの先輩たちを招いた特別授業を積極的に開催。一流の技を直接学べるチャンスが数多くあります。

辻製菓専門学校の特長3

辻調グループ卒業生14万人以上のネットワークで一人ひとりの“夢”をサポート

辻調グループの卒業生は、その数14万人以上に上り、卒業生が経営しているお店は国内外に2,800店以上。ホテルの製菓部門長や有名店のオーナーパティシエとして活躍している卒業生も多く、そのネットワークを活かして辻調グループには、毎年全国各地から求人情報が寄せられています。さらに、希望の就職を実現できるようにキャリア教育の専任スタッフによるセミナーや個人相談などサポート体制も充実。多彩に広がる製菓の世界で働く夢を、全力でバックアップしています。また、卒業後も、辻調グループ校友会「コンピトゥム」とキャリア推進部が連携して、生涯サポートを行っています。

右へ
左へ
辻製菓専門学校の特長1

洋菓子から、和菓子、製パンまで。幅広いジャンルの製菓技術とセンスを磨く

フランス・ウィーン・ドイツなどの洋菓子から伝統的な和菓子、製パン、アメ細工、チョコレート細工まで幅広く学びます。授業では、基礎を反復しながら学ぶことで、技術を確実に習得。使用する食材も一流のものばかり。さらにヨーロッパ各地で研修を積んだ先生による授業とともに、国内外から有名パティシエを招いての講義も実施。世界の技術やトレンドを身近に体験できる機会をたくさん用意しています。また、2年制の製菓技術マネジメント学科では1年目修了時に、1年制の製菓衛生師本科では卒業と同時に、製菓衛生師(国家資格)の受験資格が取得できます。さらに、「ダブルライセンスコース」では、製菓衛生師と調理師免許をめざします。

辻製菓専門学校の特長2

有名ホテルの製菓部門長からオーナーパティシエまで、国内外で卒業生が活躍!

ホテルで提供されるすべてのケーキをつくる製菓長、世界大会の日本代表、地元の人に人気のお店をオープンさせたオーナーパティシエ、テレビで見た憧れの店に就職したパティシエ。卒業生たちはそれぞれの夢を叶えて国内外で活躍しています。テレビや雑誌で注目を集めているパティシエやパン職人など、卒業生のお店や会社に就職する学生も。学校では、そんな憧れの先輩たちを招いた特別授業を積極的に開催。一流の技を直接学べるチャンスが数多くあります。

辻製菓専門学校の特長3

辻調グループ卒業生14万人以上のネットワークで一人ひとりの“夢”をサポート

辻調グループの卒業生は、その数14万人以上に上り、卒業生が経営しているお店は国内外に2,800店以上。ホテルの製菓部門長や有名店のオーナーパティシエとして活躍している卒業生も多く、そのネットワークを活かして辻調グループには、毎年全国各地から求人情報が寄せられています。さらに、希望の就職を実現できるようにキャリア教育の専任スタッフによるセミナーや個人相談などサポート体制も充実。多彩に広がる製菓の世界で働く夢を、全力でバックアップしています。また、卒業後も、辻調グループ校友会「コンピトゥム」とキャリア推進部が連携して、生涯サポートを行っています。

右へ
左へ
辻製菓専門学校の特長1

洋菓子から、和菓子、製パンまで。幅広いジャンルの製菓技術とセンスを磨く

フランス・ウィーン・ドイツなどの洋菓子から伝統的な和菓子、製パン、アメ細工、チョコレート細工まで幅広く学びます。授業では、基礎を反復しながら学ぶことで、技術を確実に習得。使用する食材も一流のものばかり。さらにヨーロッパ各地で研修を積んだ先生による授業とともに、国内外から有名パティシエを招いての講義も実施。世界の技術やトレンドを身近に体験できる機会をたくさん用意しています。また、2年制の製菓技術マネジメント学科では1年目修了時に、1年制の製菓衛生師本科では卒業と同時に、製菓衛生師(国家資格)の受験資格が取得できます。さらに、「ダブルライセンスコース」では、製菓衛生師と調理師免許をめざします。

辻製菓専門学校の特長2

有名ホテルの製菓部門長からオーナーパティシエまで、国内外で卒業生が活躍!

ホテルで提供されるすべてのケーキをつくる製菓長、世界大会の日本代表、地元の人に人気のお店をオープンさせたオーナーパティシエ、テレビで見た憧れの店に就職したパティシエ。卒業生たちはそれぞれの夢を叶えて国内外で活躍しています。テレビや雑誌で注目を集めているパティシエやパン職人など、卒業生のお店や会社に就職する学生も。学校では、そんな憧れの先輩たちを招いた特別授業を積極的に開催。一流の技を直接学べるチャンスが数多くあります。

辻製菓専門学校の特長3

辻調グループ卒業生14万人以上のネットワークで一人ひとりの“夢”をサポート

辻調グループの卒業生は、その数14万人以上に上り、卒業生が経営しているお店は国内外に2,800店以上。ホテルの製菓部門長や有名店のオーナーパティシエとして活躍している卒業生も多く、そのネットワークを活かして辻調グループには、毎年全国各地から求人情報が寄せられています。さらに、希望の就職を実現できるようにキャリア教育の専任スタッフによるセミナーや個人相談などサポート体制も充実。多彩に広がる製菓の世界で働く夢を、全力でバックアップしています。また、卒業後も、辻調グループ校友会「コンピトゥム」とキャリア推進部が連携して、生涯サポートを行っています。

右へ
左へ

辻製菓専門学校の学部・学科・コース

辻製菓専門学校のオープンキャンパスに行こう

イベント

すべて見る
★☆FOOD&SWEETS FESTA☆★料理もお菓子も栄養も!の詳細

★☆FOOD&SWEETS FESTA☆★料理もお菓子も栄養も!

辻調理師専門学校 & 辻製菓専門学校 合同開催 ★☆FOOD&SWEETS FESTA☆★ 料理も…

続きを見る

授業見学WEEK ☆ 普段の授業を見てみよう!の詳細

授業見学WEEK ☆ 普段の授業を見てみよう!

☆ 授業見学WEEK ☆ 普段の学生の様子や授業の雰囲気を見学できます! 【参加費 無料】 【…

続きを見る

辻製菓専門学校の学費(初年度納入金)

「2020年度納入金(予定)」製菓技術マネジメント学科:191万6000円(2年目の学費は187万4000円)/製菓衛生師本科:217万円(ダブルライセンスコースの2年目の学費は182万円、フランス校留学コースのフランス校の学費は325万8000円) ※分納可 別途諸経費

辻製菓専門学校の就職・資格

就職支援

辻調グループ卒業生14万人以上が全国で活躍中!卒業後もしっかりバックアップ

14万人以上の卒業生を輩出している辻調グループでは、有名店のパティシエや製菓・製パン店オーナーとして、多くの卒業生が活躍中。幅広いネットワークを持つ辻製菓だから、全国各地の製菓店やカフェ、レストラン、有名ホテルなどさまざまな業種から求人情報が寄せられ、一人ひとりの希望に応じてキャリア教育専任のスタッフがサポート。卒業後も再就職や転職などの相談を随時受付けています。また、情報交換や人脈を広げる場として、講習会やフランス旅行などのイベントも開催しています。

辻製菓専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

総合入学案内係

〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-9-23
TEL:0120-24-2418 (Free Dial)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-9-23 「阿倍野(地下鉄)」駅から徒歩 4分
「天王寺」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内

辻製菓専門学校のブログ・インフォ

  • 2019年11月11日 11:00 BLOG

    10月29日、韓国の彗田(ヘジョン)大学校で、辻調グループの安場昌子先生(エコール 辻 大阪/日本料理教授)が日本料理特別講習会を実施しました。今夏、同大学校から選抜された8名の学生が辻調に来校し、5日間の日本料理研修を受講しましたが、今回は同大学校に辻調の教員が出向き、日本料理専攻の学生約70名に対して授業を行いました。季節の食材を使った「秋の八寸 吹き寄せ盛り」を披露し、盛り付けの美しさに学生たちからは感嘆の声が上がりました。国を問わず、料理を学びたいという学生たちとの交流は楽しく有意義な時間でした。この日は韓国籍の辻調の卒業生もお手伝いに駆けつけてくれ、通訳 兼 安場先生の助手を務めるという大役を果たしてくれました。 P7、P4...

    https://www.tsuji.ac.jp/about/project/cat1006/post_274.html

  • 2019年11月08日 09:00 BLOG

    皆さん、こんにちは 今回は、製菓技術マネジメント学科1年生の理論の様子をお届けします。 製菓学校の理論ではお菓子の作り方だけではなく、食材のことについても勉強しています。 今回の理論はこれ この大きい塊、何かわかりますか これはつくね芋(大和芋)といって山芋のひとつなんです。 このつくね芋はちょうど10月からが栽培のシーズンで、まさに「旬」の食材なんです 一般に山芋(やまいも)と呼ばれるものには、大きく分けてヤマノイモ・ジネンジョ・ダイジョの3つに分けられます。また、ヤマノイモはスーパーで売っているような長いナガイモ群、関東で大和芋として売っているイチョウイモ群、写真のような塊のヤマノイモ群に分けられます。このヤマノイモは主に関西で主流に使われています。 辻製菓専門学校は関西(大阪)に学校がありますので、写真のような大和芋を使ってお菓子にしているんです。 地域によって同じお菓子に使われる...

    https://www.tsuji.ac.jp/college/seika/blog/cat580/1_58.html

  • 2019年11月01日 09:00 BLOG

    みなさんこんにちは 辻製菓専門学校 製菓技術マネジメント学科2年生の講習ではイタリアパンの授業がありました フォカッチャやグリッシーニなどはイタリア料理のお店で出てくるので、みなさんも馴染みがあるのではないでしょうか? 他にもパネトーネやパンドーロは日本でもクリスマス時期になると見かけるようになりました そして今回授業で行ったのはこちらのパーネ・トスカーノです 見た目は普通のパンですね ちょっと食べてみます 、、、もぐもぐ、、、、もぐもぐ。 、、、、、、ん?、、、あれ? あんまり美味しくない? パンを作る上で基本となる材料は、小麦粉、イースト、水、そして塩の4つです。 イタリアのパンは料理に合わせて塩が少ないものが多く見られます。 学校で作ったこのパーネ・トスカーノは塩が入っていません 塩は味覚において重要な役割があるので、入っていないと美味しく感じられなくなります。 なので、料理と一緒に...

    https://www.tsuji.ac.jp/college/seika/blog/cat581/post_524.html

  • 2019年10月30日 10:32 BLOG

    2019年10月23日から10月25日にかけて、第78回日本公衆衛生学会総会が高知市で開催されました。 日本公衆衛生学会は会員数が8000人を超える日本の公衆衛生における主要な学会のひとつです。(公衆衛生とは「みんなの健康をみんなで守る」といった意味です。) この学会大会において、辻静雄料理教育研究所 研究部門/エコール 辻 東京の五領田小百合先生がポスター発表(共同演者:アトリエ 辻 東京 近藤敦志先生)を行いました。 タイトルは「直感的な速い思考(ナッジ)と論理的な遅い思考が食選択に与える影響と背景要因の検討」 。"ナッジ"とは英語で「ひじで軽く突く、そっと後押しする」などといった意味があり、自発的に望ましい行動を選択するような仕掛けや手法のことを言います。 ナッジは費用対効果が高く、欧米では公共政策でも活用されていますが、日本では実店舗での活用を研究した事例はまだほとんどありません。...

    https://www.tsuji.ac.jp/about/project/cat1465/20191023102578_8000.html

  • 2019年10月24日 19:11 BLOG

    みなさんこんにちは 今日は製菓技術マネジメント学科1年生の『S実習』をのぞいてみました。 S実習とはお菓子を作る技術をアップさせる為の実習で、絞り、クリームを塗る、生地を延ばすなどの練習や基本生地の作成練習などをおこないます。 今回のS実習は『チョコレートのテンパリング(調温)』です チョコレートは溶かしてそのまま固めるのではきちんとツヤのある状態で固まりません。 テンパリング(調温)をおこなう必要があります。 今回はタブリール法と呼ばれる『大理石の上にチョコレートを流して冷やす方法』にチャレンジです 洋菓子の実習室には各テーブルが大理石になっています!だから思いっきりチョコレートが流せるんです 50℃ぐらいに溶かしたチョコレートをまずはテーブルに広げて... 冷えてきたらヘラで集めますそれを何回か繰り返して... 少し残しておいた温かいチョコレートに戻します。 よーく混ぜて30℃ぐらいで...

    https://www.tsuji.ac.jp/college/seika/blog/cat962/post_523.html

請求できるパンフはこちら

無料
入学案内一式(願書含む)
辻製菓専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる