• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校お茶の水スクール・オブ・ビジネス
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 原 麻衣さん(ビジネス学科2年課程 簿記・会計コース/信用組合職員)

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウオチャノミズスクールオブビジネス

お客様との会話は信頼関係を築くため大事にしています

先輩の仕事紹介

いつも心がけているのは、明るい笑顔と親切な対応、そしてお客様との温かいお付き合い

信用組合職員
ビジネス学科2年課程 簿記・会計コース 卒/2014年3月卒
原 麻衣さん

この仕事の魅力・やりがい

金融業のなかでも「〇〇信用組合」は地域に密着しているので、お客様との距離が近く、アットホームな雰囲気が魅力です。入社して5年目になるので、最近は難しい案件を任されることも増え、一人でいろいろ考えたり、調べたりして成し遂げた時にやりがいを感じますが、同時に幅広い業務に携わる責任の重さも。集中力や緊張感を保ち、しっかり確認をしながら業務を行っています。そんななか心がけているのは、お客様への明るい笑顔と親切な対応。「こんにちは、いらっしゃいませ」と挨拶から始まり近況を伺ったり、雑談をしたり……。密にコミュニケーションを取りながら、お客様と接することができる窓口業務は自分に合う仕事だと実感しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

この分野を意識し始めたのは、高校生の時でした。母が銀行員だったというのもあってなんとなく身近に感じていたり、計算や簿記も得意なほうだったので、金融という分野で働けたらいいなと思うようになりました。高校卒業後の進学を考えた時、金融業で役立つ資格を取れば、仕事に活かせるかもと思ったり、難しいことにも挑戦できそうと夢を抱いたのが目指すきっかけに。お茶スクではパソコンのMOS系や日商簿記、秘書検定など様々な資格を取得し、就職してからすぐに活かすことができました。

お金を扱うので、デスクワークも緊張感があります

分野選びの視点・アドバイス

将来の道が具体的に決まっているならば、その夢を叶えるために何をすればよいのかなどを知っておくと、進学先の選択も定まってくると思います。私の場合ほかの職種も考えていたので、違う業界の専門学校の説明会や見学にも行っていました。興味のある分野をいろいろ見ることによって、本当に自分に合う分野なのか、好きと思える職種なのか、がんばれる勉強なのかを見つめ直すよい機会になります。自分の可能性を見出すためにも、足を運んで話を聞き、分野を絞っていくのも一つの方法だと思います。

口座開設は常に慎重に行い、ミスやトラブルを予防

【自分が成長できる】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

原 麻衣さん

中ノ郷信用組合 業務課勤務/ビジネス学科2年課程 簿記・会計コース 卒/2014年3月卒/就職先を決める際、「中ノ郷信用組合」を選ぶ決め手となったのは、お茶スクの卒業生から「中ノ郷信用組合」の様子をいろいろ聞けたことだったという。アットホームな会社の雰囲気や業務内容、そして環境など、すでに働いている先輩の声が響き、安心して決めることができたそう。職場の上司や先輩、同僚とも仲良く、恵まれていると魅力を語ってくれた。計算や簿記が得意だからという理由で漠然と「金融業界」で働きたいと考えていたが、お客様とのお付き合いを大切にする今のお仕事にやりがいを感じる日々だとか。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校お茶の水スクール・オブ・ビジネス(専修学校/東京)