• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • テクノ・ホルティ園芸専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鴨志田 秀喜さん(花き生産コース/花き生産)

埼玉県認可/専修学校/埼玉

テクノ・ホルティエンゲイセンモンガッコウ

自分独自のシクラメンを生産していきたい

先輩の仕事紹介

花の生産は自分次第。手をかけた分だけ良いものに。こだわりを持って生産しています!

花き生産
花と緑の生産・流通コース(2019年4月花き生産コースに名称変更)/2015年卒
鴨志田 秀喜さん

この仕事の魅力・やりがい

鴨志田園芸は、主にシクラメンやカーネーションを生産しています。毎年天候に左右されるので、常に管理方法を変えなくてはいけない難しい仕事ですが、花の状態を見ながら、温度調節や肥料の量、与える水分量など、最善の方法を考えながら管理しています。自分の持つ知識・技術・経験で、生産する花の良さに違いが出るところに楽しさを感じます。買った方に「きれいだね」と言ってもらえるととてもうれしく、やりがいになります。一年の苦労が報われる瞬間ですね。生産者としてスタートしたばかりなので、修業させていただいた谷澤園芸さんにアドバイスをもらったりしながら、経験を積んでいます。

学校で学んだこと・学生時代

テクノ・ホルティに入学してすぐに、世の中にこんなにも多くの種類の植物があることを知り、びっくりしました。似ているのに種類が違ったり・・・。そのことを知れただけでも、大きな価値がありました。先生との距離も近いので質問や相談もしやすく、とても学びやすい環境。たくさんの知識や技術を身につけることができたと思います。空き時間に先生やクラスメイトとフットサルをやっていたことも、いい思い出です。また、豊富な実習も貴重な経験になりました。海外研修では、天候や環境が違うということもありますが、日本では生産者が育てる植物が道端に生えていたり、大きさの違いにも驚きました。

苗一本一本まで、こだわりを持って手入れしています

これからかなえたい夢・目標

全国花き品評会に自分が生産したシクラメンを出品し、農林大臣賞を獲ることが夢です。何年かかってもかなえたいと思っています。そのために、土づくりや手入れ、管理にこだわりを持って生産するよう心がけています。その努力が、より良い花を作ることにつながると信じています。鴨志田園芸が生産するシクラメンが欲しいと言ってもらえるよう、日々勉強しながら良いものを作っていきたいです。これからは若い方にも買っていただけるよう、多肉植物など手軽に生育させられる植物の生産も検討しています。

鴨志田ブランドが定着するよう、日々、努力です

鴨志田 秀喜さん

鴨志田園芸勤務/花と緑の生産・流通コース(2019年4月花き生産コースに名称変更)/2015年卒/茨城県立日立商業高等学校出身 / ご両親が経営する花き生産農家で、幼い頃から植物に囲まれて育った鴨志田さん。「高校まで好きなことをさせてくれた両親に親孝行したい」と、テクノ・ホルティに進学し、花き生産について学ぶ。視野を広げるためにと、2年間谷澤園芸で修業し、2017年からご両親が経営する鴨志田園芸で生産者に。「先生と生徒の距離が近かったことと、広い農場があったのが入学の決め手。多くの実習と、色々な植物の生産について学べたのは貴重な経験でした。これまでの経験を活かし、自分独自の花を生産していきたいです」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

テクノ・ホルティ園芸専門学校(専修学校/埼玉)