• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • トライデントコンピュータ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 土屋 みなみさん(CGスペシャリスト学科(3年制)/デザイナー)

CGデザイナーの仕事につながる学び

右へ
左へ

デッサンや3DCGの技術を学び、リアルな表現手法に磨きをかける

ゲームのCGデザイナーとして大手ゲーム会社(株)Cygamesへ入社した土屋さん。学校で何を学び、どのように成長してきたのだろうか。

デザイナー
CGスペシャリスト学科 卒
(2018年卒業)
土屋 みなみさん
  • (株)Cygames
  • 愛知県 東海商業高校 卒
デッサンで培った観察力が、CG制作の技術力アップにつながった

独学で勉強していたCG技術のクオリティが、学校での学びで格段にアップ!

中学・高校時代から家にあったCGソフトでキャラクタなどを作っていました。ゲームも好きで、ゲームのグラフィックスの美しさに感動してCG技術をもっと学びたいと思ったんです。学校ではモノづくりの基礎となるデッサンとゲーム業界では必須のCG技術を勉強。キャラクタなどの素材づくりではリアル感はとても大切。リアル感を出すための質感や色、空間のとり方などは、デッサンで培った観察力がとても役立っていると思います。

モノづくりでは、自分のアイデアが形になっていくのが面白いです

右へ
左へ

課題制作を通して、丁寧に作り込むことの大切さを学んだ

学校での様々な課題制作を通して、細かい作業を最後まで諦めず作り込むようになりました。そうすれば結果がついてくることを知り、自信もついてきたんです。また、他学科の学生とチームを組んでゲームなどを共同制作するプロジェクトがあります。私は学外プロジェクトに参加したのですが、そこで現場で必要になってくるチームワークの重要性を実感。共同制作を通して仕事への意識を高められたことは、大きな成長につながりました。

デッサンの授業では、モノを観察する力を養えました

右へ
左へ

チーム一丸となって最高のコンテンツを提供できるようになりたい

ゲームのテーマを理解し一番合うキャラクターデザインを考えます

パンフレットの表紙にも採用された作品です

年々ユーザーが求めるゲームのクオリティが高くなっていると感じています。私はデザイナーとしてグラフィック面を追究し、チーム一丸となって最高のコンテンツを提供していきたいと思います。そのためには学校で学んだ知識、技術をベースに、就職後ももちろん勉強を続けていくつもり。また、学校でチームワークの大切さも学んだので、今後はプログラムの勉強も少しずつしてプログラマの視点も理解できるデザイナーになりたいです。

先生からのメッセージ

  • 小島優二先生/CGスペシャリスト学科教員 デッサンとゲームグラフィックスを教えている

デッサンでは、実験しながら良かった結果を残していけばいいと教えています。トライデントの学びは、自分で考えて挑戦し、視野を広げていく姿勢を大切にしています。興味のある人はぜひチャレンジしてください。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
トライデントコンピュータ専門学校(専修学校/愛知)