• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪
  • 先生・教授一覧
  • 里口 邦夫先生(駅係員、車掌、運転士)

こんな先生・教授から学べます

鉄道のプロにとって最も大切なことを教えてくれる先生

駅係員、車掌、運転士
観光学科(昼間部) 
里口 邦夫先生
先生の取組み内容

私自身も鉄道が大好きで、いくつかの社会経験を経た後に、鉄道会社に入社しました。駅係員、車掌、運転士と夢を叶えていく喜びとともに、鉄道の仕事は好きなだけでは務まらないことも実感しました。何よりも守らなければならないのは「安全」。お客さまの命をお預かりしているのですから、その責任は重大です。鉄道会社に入って安全を徹底するには、学生時代からの生活、意識が重要。時間厳守、忘れ物をしない、社会ルールを守るといったことが、将来必ずつながります。また、鉄道は水道やガスと同じくライフラインのひとつ。社会、経済、生活、人など、ありとあらゆることを支え、絶対に欠かすことができません。学生には常に鉄道の安全、社会的意義を伝えるようにしています。

指差確認やドアの開閉などの実習でも、なぜこの動作が必要で、安全を守るにはどうすればいいか教えます。

授業・ゼミの雰囲気

経験も踏まえ、鉄道のプロとして働くための基礎技術、豊富な知識を身につけさせる

「ステーションケーススタディ」では、駅係員、車掌、運転士の業務を実践的に練習。車両や自動改札などを再現した実習室で行うので、どの学生も楽しく取り組んでいます。もちろん、「鉄道業界対策」などの講義も大切。各鉄道会社の事業内容や特長を知ることは志望先の選択、選考試験、面接にも活かされるからです。「鉄道地理プランニング」はグループごとに時刻表を見ながら観光プランを作成し、発表。鉄道会社では、放送をはじめ人前で話す力、仲間との連携やコミュニケーション能力が想像以上に必要なので、しっかり養っていきます。

シミュレーターで運転を体験。減速や停止線でピタリと車両を止める難しさも体で覚えていきます。

キミへのメッセージ

鉄道のプロをめざしてレールを一緒に進んでいきましょう

鉄道の仕事は社会に貢献できる仕事。誰かの夢や思いを運ぶ素晴らしい仕事でもあります。鉄道サービス科では、知識も技術も将来に必要な意識も身につけられます。ぜひここで学びませんか。みなさんの未来へ出発進行!

高校時代、自転車で故郷・福岡の廃線巡りをしました。今は新しい路線、駅が開業すると一番に駆けつけます。

里口 邦夫先生

専門:ステーションケーススタディ、鉄道業界対策、鉄道地理プランニング、鉄道研究発表、鉄道ビジネス論、キャリアプランニング、フィジカルトレーニング
大学卒業後、飲食業や広告業を経て、2008年近畿日本鉄道株式会社に入社。駅係員、車掌、運転士として勤務する。鉄道の仕事の魅力、自身の経験や知識を後進に伝えるため、ホスピタリティツーリズム専門学校大阪の教員に転身。学生の憧れの存在でもある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪(専修学校/大阪)
RECRUIT