• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 放送・映画学科
  • 情報番組

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

情報番組

生活情報番組からドキュメンタリーまで…社会や人々の役に立つ情報を発信する番組のクリエイターを目指そう!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 放送作家

    TVやラジオの台本を書く

    番組の趣旨を踏まえたうえで、構成や流れを考えながら、台本を書いていくのが仕事。ある事例に対して、誰と誰がどんな内容でコメントするのかなど、内容や出演者のパーソナリティを知っておくのも重要だ。

  • 放送記者

    ニュースの“現場”で取材、時には報道も担当

    ニュースの“現場”で事件や事故を取材する。普通、政治、経済、社会、国際など専門分野に分かれる。ニュース原稿を書くだけでなく、時には自分で出演して報道を行う。政治家への密着取材で、わずかな変化や情報を敏感にキャッチしたり、事件現場で聞き込みに走り回ることも多い。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • コーディネーター

    テレビ番組の海外撮影などをサポート

    テレビ番組の海外での撮影、取材などの際、クライアントの要望に従って事前の準備を代行したり、現地でのガイドを務める仕事。現地クルーの手配やキャスティング、スタジオの手配、現場のリサーチ、取材スタッフの宿泊や飛行機チケットの予約などをする。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • ラジオ・テレビ番組ディレクター

    番組作り全体の責任者として、出演者や制作スタッフをまとめる

    テレビやラジオ番組が放送されるまでのプロセスには、番組の企画・構成、台本作り、照明、音声、美術、VTRの編集など、さまざまなジャンルのスタッフがかかわっている。そうした制作現場で働くスタッフに指示を出し、各スタッフの仕事をチェックするのがディレクター。タレントや俳優など出演者選びや、出演者に演技の指示を出すことも仕事。製作現場の総監督といった重要な役目を担う職種なので、就職して最初はアシスタントディレクター(AD)からスタートし、現場のいろいろな業務の経験を積むことが必要とされる。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

テレビ番組制作の基礎から学びながら、情報番組制作に必須の専門知識と技術を身につけます
スタジオセッティングから照明・音声の調節、撮影ワークなど、テレビ番組づくり全般を基礎から徹底的に学びます。さらに、テレビの多チャンネル化で増加傾向にある通販番組やインフォマーシャル番組、社会問題に切り込むドキュメンタリーまで情報番組の企画・制作に必要なノウハウを身につけます。

カリキュラム

企画演出から制作技術まで、作品制作を中心に実習では業界で活躍する現役クリエイターが指導
1年次は「メディア研究」、「映像工学」など基礎からスタート。2年次には、テレビの基本的なスタジオ収録技術を習得した上で、「作品制作ゼミナール」「技術セミナー」で情報番組の制作に特化した知識と技術を習得します。2年間で個人・グループ制作合わせて40本以上の作品を制作し、実践力を磨きます。

授業

2年間の自分集大成、それが作品上映会。トークライブなど特別プログラムも充実
傑作、力作、自信作、問題作?がズラリと並ぶ作品上映会は、2年間の「自分集大成」。会場はアーツホールなど学内施設のほか、学外のパブリックホールなども使用され、業界関係者に実力をアピールする絶好のチャンス。作品上映会のほか、映画監督によるトークライブなど特別プログラムも充実しています。

卒業生

ABC朝日放送・人気バラエティー番組の制作スタッフなど、TV最前線で活躍中
「今ちゃんの『実は…』」(朝日放送)など人気番組のタイトル映像制作を手がける三好和也さん〈(有)ちゅるんカンパニー/'98年卒〉、朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」、NHK総合テレビ「上方演芸ホール」などの人気番組を手がけたフロアディレクターの徳原由花さん〈フリー/'03年卒〉などTV業界で卒業生が活躍中です。

クチコミ

伊勢真一 監督のドキュメンタリー映画の鑑賞会と講演会を開催しました
2016年3月、授業で『傍~3月11日からの旅』の鑑賞と講演会を行いました。伊勢監督は毎年大阪で開催される「ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》」の主催者で、テレビドキュメンタリー、映画を数多く制作している日本を代表する映画監督。学生たちの熱心な質問もあり、充実したイベントとなりました。

施設・設備

ハイビジョンカメラなど実習環境は「業界仕様」。機材無料レンタル制度で作品制作をサポート!
4K撮影が可能なデジタルシネマカメラや西日本の専門学校で初めて導入されたハイビジョンカメラ&ノンリニア編集システムなどデジタル環境が充実。MAルーム(音入れで使う実習室)には英国ソリッドステートロジック製ミキサーを完備。各実習室は授業以外でも開放され、映画カメラなどの機材は無料レンタルで利用できます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日テレ・テクニカル・リソーシズ 、 テレビマンユニオン 、 テイクシステムズ ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)