• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 放送・映画学科
  • 映像作家

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

映像作家

メディアやジャンルを問わず映像表現できる映像作家やルポルタージュ映像で活躍するビデオジャーナリストを目指そう。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 放送作家

    TVやラジオの台本を書く

    番組の趣旨を踏まえたうえで、構成や流れを考えながら、台本を書いていくのが仕事。ある事例に対して、誰と誰がどんな内容でコメントするのかなど、内容や出演者のパーソナリティを知っておくのも重要だ。

  • 放送記者

    ニュースの“現場”で取材、時には報道も担当

    ニュースの“現場”で事件や事故を取材する。普通、政治、経済、社会、国際など専門分野に分かれる。ニュース原稿を書くだけでなく、時には自分で出演して報道を行う。政治家への密着取材で、わずかな変化や情報を敏感にキャッチしたり、事件現場で聞き込みに走り回ることも多い。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • ラジオ・テレビ番組ディレクター

    番組作り全体の責任者として、出演者や制作スタッフをまとめる

    テレビやラジオ番組が放送されるまでのプロセスには、番組の企画・構成、台本作り、照明、音声、美術、VTRの編集など、さまざまなジャンルのスタッフがかかわっている。そうした制作現場で働くスタッフに指示を出し、各スタッフの仕事をチェックするのがディレクター。タレントや俳優など出演者選びや、出演者に演技の指示を出すことも仕事。製作現場の総監督といった重要な役目を担う職種なので、就職して最初はアシスタントディレクター(AD)からスタートし、現場のいろいろな業務の経験を積むことが必要とされる。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

既存メディアにとらわれない新しい表現と時代が求める映像の可能性を追求する力を身につける
イベント、ショップ、ミュージアム、動画サイトなど、映像表現のステージは今後ますます広がっていきます。実習中心の授業では、音楽やセールスプロモーション、アート、ジャーナリズムと結びついた映像作品づくりを通して、TV・ビデオ・映画というこれまでのメディアの枠にとらわれない、新しい映像表現を追求します。

カリキュラム

2年間で400本の作品を「撮る」ことで、映像制作の専門スキルと表現手法を学ぶ
2年間で400本(個人制作・短編を含む)、卒業制作40タイトル以上の映像を制作するのが本専攻の学びの特徴。多数の作品制作で、実践的な技術力が身につきます。1年次には個人制作とグループ制作を両方行い、いろんな役割を担当することで制作進行がトータルに把握できます。2年次は個人制作で学んだ知識を深めていきます。
モーショングラフィックスや画像合成など最新デジタル技術が学べる
本校はハリウッドで高く評価されているノンリニア編集システム・アビッドジャパン「Avid Xpress DV」の認定校。ハイビジョンカメラ&編集システムなど、最新設備を使った実習でモーショングラフィックスや画像合成など最新デジタル技術を学び、視覚に訴えるルポルタージュ映像を生み出せる実力を身につけます。

卒業生

第60回カンヌ国際映画祭(2007年)でグランプリ受賞の河瀬監督('89年卒)などが活躍中!
カンヌ国際映画祭グランプリ受賞('07年)の河瀬直美監督、「ソウル・フラワー・トレイン」で、おおさかシネマフェスティバル2014新人監督賞受賞の西尾孔志監督('00年卒)、最新作「乱死怒町より愛を吐いて」が話題の島田角栄監督('93年卒)などが活躍中。※瀬(せ)の右側「頁」は上が「刀」で下が「貝」

クチコミ

半年間、全8回の「AOプレスクール」で、初心者からでも安心してプロを目指せる
AO入学者を対象にAOプレスクールを実施(受講無料)。業界トッププロによるセミナーや、ロケ撮影といった実習授業を体験することで業界の基礎知識やスキルを身につけることができます。半年早いスタートによって、勉学にも就職活動にも余裕をもって取り組めるので、業界デビューへの道もより確実になります。

施設・設備

ハイビジョンカメラ&ノンリニア編集システムなど「業界仕様」。個人作品制作にも使用OK!
映画編集室、高解像度プロジェクターを設置した試写室、MAルーム(音入れで使う実習室)などを完備。4K撮影が可能なデジタルシネマカメラや西日本の専門学校で初めて導入されたハイビジョンカメラ&ノンリニア編集システムなどデジタル環境も充実。各実習室は授業以外でも開放され、機材は個人作品制作にも使えます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日テレ・テクニカル・リソーシズ 、 テレビマンユニオン 、 テイクシステムズ ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)