• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • マスコミ出版・芸能学科

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科(2021年4月設置予定(認可申請中))

定員数:
40人

マスコミ・芸能エンタメ業界の最前線で活躍しよう! 感動を伝え、トレンドを発信しよう!

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 芸能マネージャー

    タレントを生かすのも殺すのも腕次第世の中のブームをつくる立役者にも

    芸能マネージャーは、タレントにつき芸能活動をサポートする仕事です。仕事内容は、スケジュール管理、現場同行などの「マネジメント」と、営業先への売り込み、関係者へのあいさつ回りなどの「営業」があり、とにかく忙しく体力的にも精神的にも過酷といわれる仕事のひとつです。それでも、担当するタレントがブレイクする瞬間に立ち会えるなど、何ごとにも代えがたい興奮と喜びが待っている仕事でもあります。学歴はあまり関係なく、なるために必要な資格などもありません。芸能マネージャーの多くは、芸能プロダクションで働いています。芸能プロダクションの採用試験に合格することが、芸能マネージャーになる第一歩です。

  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 編集者

    書籍や雑誌、Webコンテンツの企画・編集から取材、進行管理まで

    小説や絵本などの書籍、コミック誌、ファッション雑誌などの中身を企画し、本になるまでの過程すべてに携わるのが編集者の仕事です。最近ではWebサイトの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。編集者になるのに必要な資格は特になく、出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションに入社し、まずは編集アシスタントとして経験を積むことが一番の近道となります。ただし、大手出版社や新聞社の出版局の場合は、入社試験の受験資格を4年制大学卒業者(卒業見込み者)としているところがほとんどです。中小規模の出版社や編集プロダクションでは学歴を問わない場合が多いですが、未経験者の新卒採用ではなく経験者の中途採用がメインになっています。また、会社で実績を作ってから独立し、フリーの編集者として働く人もいます。

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • ライター

    依頼されたテーマについて取材を行い、客観的な視点で文章にまとめる

    出版社や新聞社、Web媒体を運営する企業などから依頼されたテーマについて取材をし、原稿を執筆するのがライターの仕事です。政治・経済、社会問題、教育、IT、グルメ、旅行、ファッション、美容、エンターテインメントなど与えられるテーマはさまざまあり、多くのライターは何かしらの得意分野を生かして仕事をしています。執筆した原稿は、本や雑誌、新聞、パンフレットなどに掲載されるほか、最近ではインターネットサイトやメールマガジンなどWeb媒体でのニーズが高まっています。ライターになるために必須の資格などはなく、ライターだと名乗ることは誰にでもできますが、本業として一定の収入を確保するためにはそれ相応の実力や努力が必要です。出版社や編集プロダクションに入社し、編集者もしくはライターとして働いた後、フリーランスのライターとして独立する人が多い傾向にあります。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、社会のできごとを広く伝える

    ジャーナリストの定義は確立されていませんが、広い意味で「新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアで報道する人や寄稿する人」とする場合、新聞記者や放送記者、雑誌記者、編集者、ルポライター、フリーライター、キャスター、報道写真家などを総称名しているといえます。なかには自分でジャーナリストと名乗ればいい、という人もありますが、少なくとも多くの第三者や社会からジャーナリストとして認められることが必要でしょう。また、会社や組織に所属するのではなく、自らの信念に従いフリーランスで取材活動や執筆を行う人を、狭い意味でジャーナリストと呼ぶ場合もあります。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道(発信)の仕方や内容によっては、ひとつの業界のみならず、国民意識や政治まで変えることもあります。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • コピーライター

    クライアントの想いや考えを“言語化”し、世の中や人々を動かすきっかけを作る

    “言葉”のプロとして、広告主(クライアント)の想いを世の中に伝えるお手伝いをするのがコピーライターの仕事。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞といった既存のメディアに加え、最近ではインターネット広告においても活躍の幅が広がっています。専門職として語られるコピーライターですが、なるために必要な資格や学歴は特にありません。言葉を扱える人であれば、誰でもコピーライターとして活躍できる可能性があります。コピーライターの働き方としては、広告会社・制作会社・メーカーの宣伝広告部などに勤務する、独立してフリーランスとして働くなどの道があります。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

初年度納入金:2021年度納入金 138万円  (入学金、授業料、設備費他の合計 ※教材・研修費別途)
年限:2年制

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の学科の特長

マスコミ出版・芸能学科の学ぶ内容

雑誌編集・デザインを現場と同じ工程で学ぶ【メディアプロモーション専攻】
ファッション誌、スポーツ誌、アニメ誌といった雑誌の編集者やライター、エディトリアルデザイナー、グラフィックデザイナーなどをめざす専攻。雑誌制作の現場と同様に、企画立案、取材、撮影、ライティング、デザイン、校正、Webコンテンツ制作などを実際に体験しながら学び、実践的な技術と知識を身につけていきます。
芸能マネジメント・プロデュースを体験しながら学ぶ【エンターテインメントプロデュース専攻】
イベントスタッフ、プロモーター、A&R(アーティストの発掘・契約・育成と楽曲の発掘・契約・制作などを担当)、ファンクラブスタッフ、芸能事務所デスクなどをめざす専攻。番組制作のスキルを実際に体験しながら習得。マネジメント、プロモーション、プロデュース
などのノウハウも身につけます。

マスコミ出版・芸能学科のカリキュラム

学内外のライブや番組制作、雑誌制作やWebコンテンツ制作など「現場主義」でリアルに学ぶ
雑誌やフライヤー、ライブや番組などの制作すべてを現場と同様の工程で実践的に学べるカリキュラムを編成。業界で活躍する講師陣の指導のもと、実制作を通して最前線のノウハウやスキルを習得します。また、情報発信に不可欠なWebやSNSの活用方法、著作権や肖像権などの知的財産などについても学習します。

マスコミ出版・芸能学科の実習

就職につながるインターンシップや業界アルバイトのサポートも充実
学校や卒業生の紹介で、マスコミ業界でのインターンシップや実際に行われるライブイベントなどでのアルバイトが可能。現場を経験し、業界の雰囲気などを知る絶好の機会になるのはもちろん、これをきっかけに就職につながった学生も数多くいます。

マスコミ出版・芸能学科のクチコミ

エンタメの総合校だから、スタジオや機材、ライブホールなど業界水準の環境で学べる!
VAOの前身、大阪写真専門学校の創立は1966年。音楽、映像音響、声優、放送・映画、写真などエンタメ総合校として発展し、テレビスタジオやフォトスタジオ、ライブホール、最新機材など現場と同じ教育環境を完備。永年の実績と業界とのつながりを活かした「現場主義」の教育で卒業後すぐに活躍できる力を育みます。

マスコミ出版・芸能学科の制度

入学前から業界を体験するAOプレスクール(AO入学者限定・無料)はメリットがいっぱい!
「AOプレスクール」は、入学前の夏からスタート。プロによる「特別講演会」「ワークショップ」「セミナー」など盛りだくさんの内容で、業界トップレベルを体感しながら、基礎知識や業界情報、仕事内容などを学習。入学後スムーズに学習に取り組める、同じ夢を持つ仲間と出会えるといったメリットがいっぱいです。

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の募集コース・専攻一覧

  • メディアプロモーション専攻 (2021年4月設置予定)

  • エンターテイメントプロデュース専攻 (2021年4月設置予定)

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の学べる学問

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の目指せる仕事

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の就職率・卒業後の進路 

マスコミ出版・芸能学科の主な就職先/内定先

    カエルム*、ビッグ・バン・センチュリー*、博報堂プロダクツ、アイランドプロモーション、 オムニバス・ジャパン、 ほか

※ 2019年3月卒業生実績 (学校全体)

*は姉妹校・東京ビジュアルアーツ(東京都認可の専修学校)の就職実績

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 マスコミ出版・芸能学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
TEL: 0120-69-2299(フリーコール)
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内