• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中塚 風花さん(放送・映画学科/番組制作スタッフ)

仕事はもちろん、自分の作品制作も…映像のことを考える毎日です!

先輩の仕事紹介

映像と向き合うことは自分自身と向き合うこと。だからずっと映像を作り続けていきたい

番組制作スタッフ
放送・映画学科/2021年3月卒
中塚 風花さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

入学した時は本当に何も知らないところからスタートしましたが、今は東京でテレビ番組のADとして働いています。担当している番組は、一般の方に取材をして様々な人の魅力を深堀りしていく番組です。ディレクターや放送作家の方と一緒に仕事をしていくことは、すごく勉強になります。ネタ探しの方法やロケの交渉、撮影準備まで全部やるので、先輩に教わりながら頑張ってます。番組ADの仕事もしながら、自分の作品づくりもしていきたいと思っているので、自分の作品制作にも活かせるようなことを現場で勉強させてもらっています。

学校で学んだこと・学生時代

学生の頃は作品制作について試行錯誤する毎日でした。時には作品と向き合っていく方法が分からずに、泣きながら学校を飛び出した事もありました(笑)制作した作品を、卒業生の河瀬直美監督('89年卒)に批評してもらう機会もありました。その時にもらったアドバイスも、正直最初は全部を理解できなかったところもありました。でも作品を沢山つくっていくうちに「あの時、河瀬さんが言っていたのは、このことだったのかも」と思えるようになっていきました。今では河瀬監督や先生方にもらった言葉が、作品づくりの核になっているように感じます。 ※瀬(せ)の右側「頁は上が「刀」で下が「貝」

キャストの方が見やすいよう心がけて…カンペづくりもADの仕事です

これからかなえたい夢・目標

私はこれからの人生、ずっと映像を作り続けていきたいと思っています。「映画監督」って言っちゃうとちょっと大げさな気もするんですけど、それでも自分の作品を作り続けたいことには変わりないので、やっぱり映画監督になるのが目標っていうことになるんですかね(笑)。ありがたいことに、2年生の最後に制作した作品が「ぴあフィルムフェスティバル」というインディーズ映画のコンペティションで準グランプリを受賞(2021年)することができました。この経験が映像を作り続けられる自信にも繋がっているので、これからも自分でシナリオを書いて、自分でカメラも回して、ずっと映像とともに生きていければと思っています。

「ぴあフィルムフェスティバル」で準グランプリを受賞した私の作品「グッバイ!」のワンシーン

中塚 風花さん

有限会社ワイエスロケーション企画勤務/放送・映画学科/2021年3月卒/滋賀県立堅田高等学校卒業 / 中塚さんが進路を考えだしたのは高校3年生の時でした。「大好きな音楽と映像に関われる仕事がしたい!」と思った中塚さんは、その業界を目指せる学校と出会いました。入学当初はミュージック・ビデオや音楽ライブ撮影のスタッフを目指していましたが、学校で映像の勉強していくうちに映画の世界に魅了されたそうです。在学中に制作した作品は、若き映画監督の登竜門とされる「ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティションで準グランプリを受賞。現在はテレビの仕事に携わりながら、映画制作に向けても日々頑張っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)
RECRUIT