• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • マロニエファッションデザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宇野 菜穂美さん(ファッションビジネス学科/ファッションアドバイザー)

大阪府認可/専修学校/大阪

マロニエファッションデザインセンモンガッコウ

お客様に喜んでもらう。それが一番の目標で、りやがい

先輩の仕事紹介

お客様に喜んでもらうことが、仕事の喜びでもあります。

ファッションアドバイザー
マロニエファッションデザイン専門学校ファッションビジネス学科スタイリストコース/2013年3月卒
宇野 菜穂美さん

この仕事の魅力・やりがい

銀座のど真ん中、『サマンサタバサ』のプランタン銀座店が私の仕事場です。お店に来られるお客様は、毎日違います。たくさんのお客様といろんなお話をしているだけで楽しいし、お仕事のことや趣味についてうかがってお客様の生活スタイルにあった商品をお勧めして喜んでいただけた時は、自分まで幸せな気分になります。最近は、私の顔を見にお店に立ち寄ってくださるお客様も増えました。中には、お買い求めくださったバッグを持ってお店に立ち寄られる方も。そんな時は、「この仕事を選んでよかった」と心から思います。サマンサタバサで働くのは、中学時代からの夢でした。毎日が楽しくて新鮮。それが私には、かけがえのないものに思えます。

学校で学んだこと・学生時代

マロニエのことが、私は大好きでした。そこに行けば仲の良いクラスメートや先輩・後輩、何でも気さくに相談を聞いてくれる先生方がいるし、その人たちと会うのが楽しみで、毎日ワクワクしながら通ったのを覚えています。いちばんの思い出は、3回生の時の学園祭。クラス全員でファッションショー形式のイベントを考え、企画と作品づくりに打ち込みました。「最高の作品をつくろう」と、誰もが本気モード全開。毎日のようにみんなで集まり、議論したのがつい昨日のことのようです。たくさんの人と力を合わせて1つのモノをつくり上げる難しさ、楽しさ、面白みも、そこで初めて学びました。私にとっては、掛け値なしに人生最高の思い出です。

毎日が楽しくて新鮮です

これからかなえたい夢・目標

接客で学んだ知識と経験を生かして将来は広告宣伝の仕事に携わり、ブランドの魅力をより多くの人に伝えるのが今の私の目標です。もともと人に喜んでもらうのが大好きな私。大勢のお客様に笑顔になっていただけるファッションショーのようなイベントを企画したり、運営できたら最高ですね。今はその夢を実現するための「勉強期間」だと自分では思っています。マロニエは少人数制で、学生一人ひとりがていねいな指導を受けられるのが魅力。私自身、マロニエで学んだ色彩学や素材の知識が接客で役立った場面が何度もあります。マロニエで過ごした日々、学んだことのひとつひとつが、今の私をつくってくれた――。私は今でもそう思っています。

将来の目標に向かって勉強の日々

宇野 菜穂美さん

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド(ファッションアドバイザー)/マロニエファッションデザイン専門学校ファッションビジネス学科スタイリストコース/2013年3月卒/中学時代、姉に連れられてサマンサタバサの店に出かけ、接客を担当したスタッフに憧れて販売の仕事につきたいと思うようになった。マロニエを選んだのは、オープンキャンパスがキッカケ。模擬授業を見たり、先生から話を聞く中で、『ここなら頑張れる』と感じた。『マロニエで知り合ったクラスメートとは、今でも連絡をとりあい、関西に戻った時は、何人かで集まって食事に出かけています。そんな友達をつくれただけでも、マロニエでの3年間は有意義な3年間でした』。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
マロニエファッションデザイン専門学校(専修学校/大阪)