• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • マロニエファッションデザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 踞尾 美香さん(ファッションクリエイション学科/パタンナー)

先輩の仕事紹介

目標はデザイナーが求めるシルエットや形をイメージ通りに起こせるパタンナー

パタンナー
ファッションクリエイション学科/2011年3月卒
踞尾 美香さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

自分がパターンを手がけたものが商品になっていくことに責任とやりがいを感じています。デサイナーが求めるシルエットや形を、イメージ通りのパターンにサッと起こせるパタンナーになりたいです。この仕事に就いて7年目になりますが、経験を積むほどに、パタンナーの仕事の奥深さと魅力を感じます。パタンナーという服づくりの基礎を極めて、ゆくゆくはデザイナーとしても仕事をしていきたいと思っていますが、そのベースという意味でもパタンナーという仕事を選んで良かった、心からそう思います。

分野選びの視点・アドバイス

ファッションに目覚めたというと大げさですが、中学生の頃に読んだマンガでファッションの世界に興味を持ったのが最初のきっかけです。小さい頃から“ものを作る”ことが大好きで、手提げかばんなども自分で作っていました。高校でもファッションを学び、マロニエに入学。オープンキャンパスで和気あいあいとした雰囲気に魅力を感じたことが学校選びの決め手になりました。マロニエのカリキュラムは実践重視。縫製、アパレル企業の販売や企画部門など、多彩なインターンシップがあったので、分野選びに役立ちました。

学校で学んだこと・学生時代

マロニエで学んだことは、自分の土台になっていると日々の仕事の中で感じています。基礎をしっかり学べただけでなく、「こういう服を作りたい」と先生に相談すれば、具体的なアドバイスがもらえるので、自分で考えて作り上げる力が身につきました。社会に出てから生かせる基礎をしっかり学べるのはマロニエならではの魅力だと思います。また、入学時からずっと先生との距離が近く、学生同士も仲が良くて、アットホームな雰囲気でした。マロニエで3年間頑張ることができたのは、先生や友達の存在があったからこそだと思います。今でもマロニエ時代の友達とは食事へ行ったり、仕事の相談をしたりします。

踞尾 美香さん

株式会社ジャヴァコーポレーション勤務/ファッションクリエイション学科/2011年3月卒/小さい頃からものを作ることが好きだったという踞尾さん。本格的にファッションに興味を持ったのは、中学時代に読んだマンガがきっかけ。ファッションを学べる高校へ進学し、その後マロニエファッションデザイン専門学校へ。オープンキャンパスで感じた和気あいあいとした印象は、入学後も変わらなかったと言う。実践的なカリキュラムのもと、知識と技術を磨き、卒業後は多くのブランドを手がけるアパレルブランドに就職。パタンナーとして活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
マロニエファッションデザイン専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT