• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 阿佐ヶ谷美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 武藤 聖馬さん(コンテンツ学科 キャラクターデザインコース/イラストレーター、キャラクターデザイナー、絵コンテライター)

自分の「得意」を仕事にする!阿佐ヶ谷美術専門学校を選んだ理由です

先輩の仕事紹介

自分の頭の中で浮かんだイメージを絵におこし、それが商品に変わる瞬間が嬉しいです!

イラストレーター、キャラクターデザイナー、絵コンテライター
コンテンツ学科 キャラクターデザインコース/2017年卒
武藤 聖馬さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

イラストレーター、デザイナーとして、特撮作品をメインに新規キャラクターのデザインや劇中の挿絵を担当しています。また絵コンテライターとして、作中のCGカットなどを絵コンテに描いたりもしています。この仕事をする上で大切なのは、実はコミュニケーション。取引先や一緒に作品を作り上げていくクリエイターなど、様々な役目を持つ周囲の方々と意見を交わし力を合わせることで、作品を完成させていくことができます。常に心掛けているのは、大胆なことは考えず、今の自分の技能で何ができるか、何を学べばより良い作品が創り出せるかということ。自分が関わった企画が、テレビや映画館で放送・公開された時は他に替えがたい興奮を覚えます!

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から特撮作品を観るのが大好きで、趣味は絵を描くことでした。中学2年生の時には、自分の得意分野である「描くこと」や「デザインすること」を仕事にしようと考えていました。そして専門的に学ぶために、インターネットで情報収集。憧れであった雨宮慶太さん、寺田克也さん、竹谷隆之さんなどが学ばれた学校であることに魅力を感じ、阿佐ヶ谷美術専門学校を選びました。授業では多くのことを学びましたが、キャラクターをデザインする授業で改めてデザインの面白さを実感し、デザイナーになるという目標が固まりました。

『ウルトラマントリガー』の「闇の巨人」をデザイン

学校で学んだこと・学生時代

1年の基礎学年で学科を問わず様々な先生、学生と関係を築き、その後学科に分かれてからもお互いに刺激し合いました。課題は人よりも沢山の作品を制作し、同時に様々な企業に自分を売り込む活動を3年間続けていました。それらをこなしていく中で、自分は「何が得意」で「何が苦手か」を学び、自分に合った未来を模索、就活の戦略を立てることが大事だと当時の3年間を振り返り改めて実感しています。

NPO法人HERO「ジェネシス怪人態」をデザイン

武藤 聖馬さん

フリーランス/コンテンツ学科 キャラクターデザインコース/2017年卒/幼少期からの趣味を仕事にしようと考え、阿佐ヶ谷美術専門学校に入学。早くから将来に繋げるためにトライすべきことを先生方に相談し、在学中から企業に売り込んでいったという。現在、フリーのイラストレーター・キャラクターデザイナー・絵コンテライターとして活躍中。武藤さんが手がける作品はテレビや映画館などで観ることができる。「挨拶や自己アピールは自ら進んで取り組みます。そして少しでも早く良い人間関係を構築することを心がけています」。作品を創る力と同時に、人間としての心配りを持ち合わせることが、仕事をするうえで大切なことだという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
阿佐ヶ谷美術専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT