• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜医療秘書歯科助手専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藤田 愛莉さん(医療秘書科/看護クラーク)

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ヨコハマイリョウヒショシカジョシュセンモンガッコウ

相手の心に寄り添い少しでも安心していただける対応を

先輩の仕事紹介

「安心しました」の言葉がやりがい。相手の心の温度を測り、安心感を与える応対を

看護クラーク
医療秘書科 看護クラークコース/2014年3月卒
藤田 愛莉さん

この仕事の魅力・やりがい

大学病院のクラークで、患者様のご家族への入院説明、電話応対、書類の整理などの事務作業も行っています。集中治療室の患者様が一般病棟に移られた際の、ご家族の方の安堵の表情を見たときや、「ありがとう、安心しました」と感謝の言葉を頂いたときに、人の役に立てていることを実感します。クラークは、先生や看護師からの内線対応、看護師の助手、そのほか様々な事務処理も担います。そのため、配属されたばかりの頃は、焦りから上手に業務をこなすことができませんでした。今は、先輩方の動きをよく観察しながら、以前よりはスムーズに動けるようになったと思っています。苦労がありながらも成長できる、素敵な仕事だと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母が耳鼻科のクリニックで医療事務をしていて、幼い頃から鼻や耳の具合が悪くなると、よく母の働くクリニックで看てもらっていたんです。テキパキと受付業務や先生のサポートをする母の姿を見て、「かっこいいな、私も将来お母さんのように、病気の人の役に立てるような仕事に就きたい」と思うようになりました。高校生になって進路を決める時、「医療現場で働きたい」と母に相談したら、「大変なこともあるけれど、患者様に感謝されるやりがいのある仕事よ」と、背中を押してくれました。専門学校のオープンキャンパスに参加したときは少し不安にもなったのですが、先生に励まされて、この学校でしっかり勉強しようという決意が固まりました。

いずれは、看護助手の仕事も任されるようになりたい!

学校で学んだこと・学生時代

在学中に学んでいて良かったのは、ビジネスマナーの授業です。言葉遣いや立ち居振る舞いだけでなく、医療現場では、報告・連絡・相談を怠ると、人の命や身体に関わる重大な事故が起きてしまうことや、入院患者様のご家族への接し方なども学びました。不安で押しつぶされそうなご家族には、事務的に対応するのではなく、気持ちに寄り添い、不安な気持ちを少しでも和らげることが大切だと知りました。無愛想はいけませんが、不安を抱えている患者様やご家族の方の前では、笑顔になりすぎると良くない場合もあります。病院はという特殊な環境での適切な対応を学べたおかげで、今、相手の心の温度を測りながら対応することができていると思います。

藤田 愛莉さん

慶応義塾大学病院 勤務/医療秘書科 看護クラークコース/2014年3月卒/医療事務をしていた母への憧れから、自身も医療事務の道に進むことを選択。オープンキャンパスに参加した際、先生や先輩に親切に対応してもらったことがきっかけで、横浜医療秘書歯科助手専門学校への入学を決意した。現在は慶応義塾大学病院で看護クラークで業務にあたる。「今はまだ先輩方に支えられながら、任された仕事をこなすのに精一杯です」という藤田さんだが、目標は高い。「いずれはクラークだけではなく、患者様と直接触れ合うことができる看護助手の仕事も任せられるようになりたい。そのために、クラークでの仕事を一人前にこなせるよう、経験を重ねたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜医療秘書歯科助手専門学校(専修学校/神奈川)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路