• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜医療秘書専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 綾乃さん(診療情報管理士科/医療事務・秘書)

病院に明るいイメージを持ってもらえるよう笑顔で応対

先輩の仕事紹介

真心をこめた対応や明るいお声かけで、病院に対するイメージをさらに良くしたい!

医療事務・秘書
診療情報管理士科/2016年3月卒
山田 綾乃さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

医事課外来係に所属して、総合窓口で患者様の受付などを行っています。患者様から診察券をお預かりし、受付票を会計にまわすのが主な仕事。受付は患者様が病院にいらした際にまず足を運ぶ場所なので、第一印象を大切にしたいと思っています。ですから患者様にはもちろん、一緒に働く職員の方にも、挨拶は自分から明るく元気にすることを心がけています。広い病院なので、最初は患者様に場所を聞かれてもうまくご説明することができなかったこともありましたが、今はわかりやすく伝えることを心がけています。「丁寧に説明してくれてありがとう」と言って頂くこともあり、患者様から感謝の言葉を頂けた時は特に嬉しく、やりがいに感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医療事務を目指そうと思ったのは、クリニックで受診した時に、受付の方が親切に対応してくださって、とても安心したことがきっかけです。その時すでに事務の仕事に興味があったので、「医療事務をやってみたいな」という気持ちが自然とわいてきました。大げさな言い方かもしれませんが、病院のイメージを変えたいと思ったんです。私は幼い頃、病院がとても苦手でした。病院は、どこかしら体の調子が悪くて訪れる所なので、楽しい場所だと思う人はいないと思うんですが、「病院はイヤ」というイメージは、変えられるんじゃないかな。自分の対応や声かけで、患者様が少しでも元気になったり、病院に来て良かったと思ってもらいたいと感じました。

学校で学んだビジネスマナーが活きています!

学校で学んだこと・学生時代

学校で学んだ社会人としてのマナーは、今とても役に経っています。社会人として大切な基礎を一から学んで身に付けられたことは、とても大きな財産になりました。病院の顔である受付は、すごく重要です。知識の部分では、保険証の確認作業も行っているので、保険の知識は持っていて良かったなと思います。保険証を見ればその仕組みを理解できるので、スムーズに仕事を進めることができますね。3年間学んで、診療情報管理士以外にも、ビジネスマナーや医療事務、秘書検定など、さまざまな資格を取得することができました。これからその資格をもっと活かして、仕事の上で必要とされ、患者様からも信頼される人材になりたいです。

山田 綾乃さん

社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 勤務/診療情報管理士科/2016年3月卒/病院が苦手だった幼少期に、医療事務の方から親切な対応を受けて安心したことが印象に残り、自らも医療事務の道を志すようになったという山田さん。現在の就職先は学生時代の実習先なんだそう。「地元で働くことが希望だったので、将来の職場となり得る病院で実習ができること、就職活動時に先生方の的確なアドバイスやサポートが得られることも、横浜医療秘書歯科助手専門学校の強みでした」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
横浜医療秘書専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT