• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岡村 菜々さん(保育学科/幼稚園教諭)

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウ オカヤマジョウホウビジネスガクイン

大切なのは、笑顔でいることと真剣に向き合うこと

先輩の仕事紹介

子どもたちと本気で向き合い、成長を間近で支えられる保育者になることが目標です

幼稚園教諭
保育学科 卒/2017年卒
岡村 菜々さん

この仕事の魅力・やりがい

朝日塾幼稚園は学生時代にボランティアとして通っていた幼稚園。先生方の子どもたちへの接し方に感動し「ここで働きたい!」と思うようになり採用試験を受験しました。現在は園外への引率や学習の準備など、年長を担当する先生のサポートをしています。働き始めたばかりの頃、イベントの準備をしていたときに子どもたちが「ありがとう」と声を掛けてくれたんです。まだあまりコミュニケーションも図れていなかったので、突然のことに驚きましたが、子どもたちが先生の行動や言葉をしっかり受け止めていることが分かり、私も本気で向き合うように心がけています。日々子どもたちの成長を間近で感じられる、やりがいの大きな仕事だと思います。

学校で学んだこと・学生時代

子どもたち一人ひとり、成長するタイミングやスピードが違います。その成長を支えられるよう、担当の先生との話し合いは密に行っています。この習慣はOIC在学中の校外実習での経験が元になっています。初めは考えていた指導内容がうまくいかず悩むこともありました。実習後に学校の先生に「どうすればよかったか」と相談するうちに新しい発見をすることができ、次に生かしていこうと前向きになれました。だから今でもこの姿勢を大切にしています。また、OICでは行事や卒業制作など、クラス一丸となって一つのことを作り上げる機会があります。先生や友だちと意見交換をすることで一人ひとりの考え方の多様性にも気がつくことができました。

先生方のサポートをするために話し合いは密に行います

これからかなえたい夢・目標

保育者として、子どもたちに「何を伝えられるか」「どう伝えるか」を大事にしています。たとえば、ひな祭りやクリスマスなどの行事では、由来や慣習を調べて、まず自分自身が理解します。その上で、どう演出するか先輩の先生方と相談しながら決めていきます。工夫によって子どもたちの反応はまったく異なります。興味を持ってもらえたら子どもたちにとっても知識が一つ増えるし、考えて行動した経験は自分の成長にもつながります。小さなことでも一つひとつのことに熱意を持って取り組み、子どもたち一人ひとりに丁寧に接することができる保育者でありたいと思っています。そして今一番の課題であるピアノも頑張っていきたいです。

子どもたちと丁寧に接することができる保育者が目標です

【自分が成長できる】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

岡村 菜々さん

学校法人 朝日学園 朝日塾幼稚園勤務/保育学科 卒/2017年卒/中学生の職場体験がきっかけで、幼稚園の先生になる道に進んだ岡村さん。OICでは3年制コースに入学し、保育者としての知識や指導方法を実践的に学習。勉強だけではなく、学校行事や卒業制作など、仲間と協力して一つのことに取り組むことで、人としての成長を実感したそうです。幼稚園の先生にとって不可欠なピアノは、OICに入学してから初めて挑戦。「自由に使えるピアノの自習室をもっと活用して、練習曲以外の曲にも取り組めばよかったです」と振り返っていました。現在岡村さんは、子どもたちと本気で向き合い、成長をしっかりと支えられる保育者をめざして頑張っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)