• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小野田 祐煕さん(ゲームクリエイター学科/ゲーム運営プランナー)

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウ オカヤマジョウホウビジネスガクイン

楽しさはもちろん、使いやすさも人気獲得には必要です

先輩の仕事紹介

目標は100万ユーザー!わくわくするようなソーシャルゲームを提供していきたい!

ゲーム運営プランナー
ゲームクリエイター学科 卒/2017年卒
小野田 祐煕さん

この仕事の魅力・やりがい

SNSを利用したソーシャルゲームの運営を手掛けています。ディレクターが企画した内容から、キャラクター設定や画面構成、定期的に提供するイベントなどの具体的な設定を考えカタチにします。たくさんのタイトルがある中でユーザーの人気を獲得し、長く運営していくことは本当に大変ですが、自分のアイデアや工夫によってユーザー数が増えていくのをリアルタイムで見ると「やった!」とうれしくなります。ソーシャルゲームは一度作ったら終わりではなく、イベントなどを継続してリリースしていくことで、常にユーザーがわくわくできる体験を提供します。ほぼ隔週でリリースするため、アイデアをストックし、すぐ対応できるよう心掛けています。

学校で学んだこと・学生時代

工業系高校でしたが、将来を考えたとき好きなゲームに関わる仕事をしたいと進路を変更。新しい分野へのチャレンジでしたが、OICでは仲間に恵まれ、楽しんで学ぶことができました。また、業界研究を通して、ゲームに関わる仕事の中にUI(画面などの使いやすさ)を設計する職種があることを知り、興味を持ったことが今の会社への就職につながっています。今は新人という立場なので、心掛けているのは知識を増やすこと。学生時代に聞いた「センスは知識から始まる」という先生の言葉を実践しています。自分の意見が全てではなく、いろいろな知識や意見を取り込むことで、よりよいゲーム作りができると思うので視野は広く持つようにしています。

ひとつでも知識を増やすことで、対応力に差がでます

これからかなえたい夢・目標

ゲーム作りにはディレクターやプランナー、そしてプログラマー、キャラクターや画面を構成するボタンなどを作るデザイナーなど多くの人が関わっています。スケジュール通りにリリースするためには、作るもののイメージをみんなが共有することが大事なので、プランナーとして、自分の意見をはっきり伝えるようにしています。現在手掛けているのは、まだまだ有名なタイトルではありませんが、1年以内に100万ユーザー突破を目標にしています。そして、年代を越えて誰もが知っているようなタイトルを手掛けられるようチャレンジし続け、これからゲーム業界を目指すみなさんの刺激になるプランナーになれるよう突き進んでいきます。

プランナーとして、意見をはっきり伝える力も必要です

【世の中に影響を与える】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

小野田 祐煕さん

フォーザウィン株式会社勤務/ゲームクリエイター学科 卒/2017年卒/工業高校に通い、建築業界への就職を考えていた小野田さん。将来を真剣に考えたときに出会ったのが、小さいころから好きだったゲーム作りへの道でした。「同じ目標を持つ仲間と、3年間ゲーム作りを通して意見を交わし合いました。衝突することもありましたが、一つひとつが成長するきっかけだったと思います」。就職した会社は、お客さまのもとで業務を行うスタイル。瞬間的な実践力が求められる中で、持ち前のチャレンジ精神を発揮して活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)