• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岡田 直樹さん(データマーケター学科/システムエンジニア(SE))

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウ オカヤマジョウホウビジネスガクイン

ユーザーのことを考えて、快適なシステムを構築しています

先輩の仕事紹介

「便利になったよ」と声をかけてもらえるのが何よりの喜びです

システムエンジニア(SE)
ITビジネス学科 卒/2016年卒
岡田 直樹さん

この仕事の魅力・やりがい

社内システムエンジニアとして、経理システムや生産管理システムなど自社のシステムを手がけています。入社してすぐに手がけたシステムで、ユーザーの希望と自分が作ったシステムの内容が大幅に違っていたことがあったんです。かなり開発が進んでから発覚し、修正するのが大変でした。これを教訓に、現在は開発前にしっかり時間をかけて打ち合わせをし、お互いの認識のズレがないか確認するよう心がけています。この仕事のやりがいを感じるのは、ユーザーから「ありがとう。前よりも便利になったよ」と声をかけてもらったときです。システムが完成すると達成感があり、この仕事をやっていてよかったと思います。

学校で学んだこと・学生時代

就職率の高さや利便性の良さが魅力でOICに入学。パソコンのことはもちろん、敬語や礼儀などのビジネスマナーもしっかり身につけることができました。特に学校でスーツを着て1週間を過ごすビジネスマナー週間では、スーツの着こなしや立ち居振る舞いを自然に身につけることができ、社会人になってからも役に立っています。また、就職活動中うまくいかなくて落ち込んだとき「最初の面接に比べたら確実に成長しているから大丈夫。きちんとコミュニケーションもとれているから自信を持って頑張れ」という先生の励ましにとても勇気づけられました。面接練習など、一人ひとりの就職活動を細かくサポートしていただけたので、とても心強かったです。

ビジネスマナーを身につけたことが自信になっています

業界ココだけ話!

社内のシステムなのでそこまで納期は厳しくないのですが、一度開発したシステムの機能追加などで改良することがよくあります。そのような修正の依頼が2~3個同時にくると、本当に大変。改良版は他の人が作ったプログラムを修正することが多いのですが、プログラムにも一人ひとり個性があり、この箇所はどういう目的で作ったものかコメントがないと、一から解読しなければなりません。自分が手がけるときは、後の人のことも考えて出来るだけコメントを入れるよう心がけています。また、プログラムにはバグがつきもの。どこにミスがあるのか見つけるのは根気のいる作業ですが、エラーを見抜けたときの爽快感はこの仕事の醍醐味ですね。

自分なりの提案を通して、会社全体をサポートしていきたい

岡田 直樹さん

オムロンスイッチアンドデバイス株式会社勤務/ITビジネス学科 卒/2016年卒/小学生の頃からパソコンを触ることが好きで、高校も情報科に進学。専門学校時代はITパスポートなど資格もたくさん取得したそう。「試験が近づくと、模擬試験など先生方が全力でバックアップしてくださいました」と岡田さん。「専門学校には自分が何をやりたいのか、しっかり目標を持って入学したほうがいいですよ。目標さえ決めていれば、必ず夢はかないます」。仕事で大切にしていることは相手の目線に立って考えること。「画面も利用者が使いやすいようなボタン配置にするなど工夫しています。縁の下の力持ちのような存在になれるよう頑張りたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)