• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • Y.Nさん(情報システム学科/エンジニア(電子ソフト開発))

難しい仕事をやり遂げたときに成長を実感できます

先輩の仕事紹介

素早く正確に対応できるエンジニアとして成長し続けたいです

エンジニア(電子ソフト開発)
情報システム学科 卒/2019年卒
Y.Nさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

錠剤や粉薬を服薬のパターンに合わせて袋に詰める、分包機の動作に関するプログラミングを担当しています。新規の開発以外にも、既存の機器に対する機能変更や追加にも対応します。プログラミングを読み解き、変更、追加後に他の動作へ影響がないようにするためには、高度な知識が求められます。医療に関わることなので、責任が大きく、難しいこともありますが、努力し熱心に取り組むことによって目標を達成したときには、大きな充実感があります。また、できるだけ早く課題を解決できるようにするため、過去に手掛けたプログラムを見返したり、セミナーに参加したりしてスキルアップを図るなど、向上心を持って取り組むことを心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生のときからもの作りに興味があり、パソコンを使う情報系の科目が得意でした。好きなことに自分の能力が活かせるならば、モチベーション高く努力できると思い、プログラマーの道に進もうと思いました。プログラムは家電製品をはじめ、車や飛行機といった乗り物など、あらゆる機械に使われているため、さまざまな分野に関わることができるスキルだと思います。私は人の役に立ちたいと強く思っていたので、医療機器メーカーに興味を持ちました。就職活動では面接に自信がなく、うまく自分をアピールできるかどうか不安でしたが、学生一人ひとりを大切にするOICのサポートのおかげで、今は充実した毎日を過ごしています。

好きなことに力を活かせるので喜びも大きいです

学校で学んだこと・学生時代

OICではコンピュータ制御を専攻し、主にC言語を用いたプログラムの作成方法や作成したプログラムのデバッグ方法を学びました。より興味を深めるきっかけになったのはETロボコンへの参加です。自分で作ったプログラムでロボットが動いたときの感動は今でも忘れられません。一つのことを仲間とやり遂げるためにコミュニケーションが大切なことも学ぶことができました。また、指導してくださる先生方は、さまざまな企業でシステムエンジニアやプログラマーとしての勤務経験がある方ばかり。知識だけでなく、実際の仕事の内容や難しかったことなども現場目線で教えていただいたことで、将来を具体的にイメージすることができました。

難しいことにもチャレンジすることを心がけています

Y.Nさん

株式会社湯山製作所勤務/情報システム学科 卒/2019年卒/医療機器に使用する組み込みソフトウェアの開発部に所属するYさん。「新しい機器の場合は半年、既存の機器のプログラムを修正する場合は1~2カ月程度の期間で作業をします。医療機器なので正確に作動させる必要があり、難しい仕事ほど達成感があります」。会社内で機器開発全般を行っているため、さまざまな部門の人と打ち合わせをする機会も多いそうです。「スムーズに連携するためにもコミュニケーション力は大切なスキルです。OICでは他学科とも交流する機会があるので、学生のうちに磨いておくことをお勧めします」とアドバイスをいただきました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)
RECRUIT