• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 関西医療学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 辻脇 奈津実さん(理学療法学科/理学療法士)

大阪府認可/専修学校/大阪

カンサイイリョウガクエンセンモンガッコウ

いつも患者様のことを思ってリハビリを続けています

先輩の仕事紹介

リハビリを終えた患者様が「ありがとう」と笑顔で退院される時がとてもうれしいです。

理学療法士
理学療法学科/2010年3月卒
辻脇 奈津実さん

この仕事の魅力・やりがい

回復期リハビリテーション病棟で、患者様のリハビリを行っています。回復期というのは、ある程度症状が安定している時期のこと。私は中でも転倒や事故などで骨折し、手術を受けた整形外科の患者様を主に担当しています。ドクターや看護師と連携し、患者様一人ひとりのリハビリ目標を立てるのですが、ご本人はもちろんご家族の意見も大切なポイントです。家庭に戻られた時、介助できる方がいるのか、段差の程度はどうなのかを細かくお聞きし、退院後も安心して生活ができるように最良のプランを考えていきます。日々のリハビリも患者様に寄り添う気持ちを忘れません。そして笑顔で退院される姿を見る時に、この仕事ならではのやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代はバスケ部に所属。ある日、部活中にじん帯を切ってしまい、手術の後にリハビリを行うことになりました。この時にお世話になったのが理学療法士の方で、みるみるうちリハビリの効果が現われて、現役に復帰できたほどでした。その時の喜びはとても大きく、「私も患者さんと一緒にリハビリをして役に立ちたい!」と理学療法士をめざすことを決意したのです。いま念願の理学療法士になって、まだまだ勉強することはたくさん。たとえばケアマネージャーや介護士の方とも連携することが、患者さんの家庭での幸せな暮らしにつながります。そのため、そういった仕事への知識や理解も深めて行きたいと思います。

学校で学んだこと・学生時代

関西医療学園専門学校を選んだのは、臨床実習の期間が半年もあったこと。いろんな施設で、たくさんの体験ができると思ったからです。また見学会で模擬授業があり、先生が親しみやすく、雰囲気がとても明るくて「ここなら楽しく学べる」と入学を決めました。授業は医療系の分野が多く、入学当初は難しいと感じました。でも先生とは距離が近くて聞きやすい環境だったので、とにかく何でも質問。とても熱心に分かるように教えていただき、どんどん理解が深まりました。クラスメイトの仲も良くて分からないことは教え合ったり、試験勉強を一緒にしたり、楽しく3年間を過ごしました。卒業後も定期的に勉強会を開いていただき、とても心強く思います。

辻脇 奈津実さん

藤井病院・回復リハビリ病棟勤務/理学療法学科/2010年3月卒/卒業を機にマンションを借りて一人暮らしを始めた辻脇さん。休日は車で遠出をしたり、料理をしたり、公私ともに充実した日々を送っている。理学療法士としていろいろ経験を積み、将来は整形外科だけではなく脳血管疾患でマヒした患者さんのリハビリも手がけてみたいと目標を語る辻脇さん。「いろんな患者様を幅広くサポートできるように、これからさまざまなことを学び、経験していきたいです」と意欲を燃やしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

関西医療学園専門学校(専修学校/大阪)