• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 関西医療学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 赤松 祥平さん(東洋医療鍼灸学科/鍼灸師・柔道整復師)

患者様も私も、一緒に頑張ることを大切に考えています

先輩の仕事紹介

予防の実践から介助のアドバイスまで行い、予防医学を広めて健康寿命に寄与したい

鍼灸師・柔道整復師
東洋医療鍼灸学科/2016年3月卒業
赤松 祥平さん

この仕事の魅力・やりがい

卒業後に鍼灸整骨院を開業。鍼灸師・柔道整復師としての施術はもちろん、介護福祉士やリハビリ助手の経験を活かし、高齢者の介助やリハビリの必要性、予防医学についてのセミナーなども行っています。患者様がご自分の体質を知り、日々の積み重ねで予防を実践しないと、健康寿命に関わり、介助に携わるご家族の健康にも影響を及ぼします。治療は患者様との二人三脚。私一人が頑張っても効果は限られます。予防の大切さを伝え、理解していただき、患者様自身が前向きに取り組むことが最大限の効果につながる…。脳梗塞の後遺症で歩けなかった方が一人で歩けるようになるなど、やりがいを感じるケースはたくさんあります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

最初の職業は介護福祉士。介護やリハビリの現場でたくさんの患者様と接するうちに「もっと自分にできることはないか」と考えるようになりました。予防医学への興味もあって、柔道整復師の資格取得をめざし、改めて専門学校に入学。卒業後は鍼灸整骨院に就職しましたが、施術に携わるなかで、さらにできることを増やしたいと思うようになりました。鍼灸師をめざすきっかけとなったのは、専門学校時代の友人が鍼灸師だったこと。さまざまな話を聞くうちに鍼灸への興味が高まりました。そこで、鍼の技術を身につけるとともに国家試験の合格をめざせる関西医療学園専門学校に進学。鍼灸師の資格取得に向けて学び始めました。

専門用語を使わない分かりやすい説明を心がけています

学校で学んだこと・学生時代

関西医療学園専門学校は、とにかく実習が魅力的。学校付属の鍼灸院では、毎週1回、学んだことを学生のうちから実践できます。自分で鍼をうって経験を積み、経過観察まで行い、長期的な視点からその効果を見届けることができたのは、本当に貴重な体験でした。また、資格取得後のことまで細やかにフォローしてもらえるのも魅力。私は入学時から開業を考えていたので、経営学や開業後の運営・管理、役所への提出書類まですべて教えてもらい、そのおかげもあって、卒業後は短期間で開業できました。お世話になった先生に相談できるなど、卒業生に対しても窓口が開かれているので、今も一人で悩むことなく心強いです。

赤松 祥平さん

あかまつ鍼灸整骨院 開業/東洋医療鍼灸学科/2016年3月卒業/「患者様の心に近づくための感受性も必要となる仕事なので、学生の皆さんには様々な人と出会い、経験し、悩んで、自分で考えることを楽しんでほしいと思います」と話す赤松さん。学生時代は多くの先生方の指導を受け、鍼の可能性の広さを再認識したそう。「鍼灸にはたくさんの考え方と施術方法があり、誰がやっても同じ効果を出すというのが難しい一面もあります。将来は研究職について、その課題を解決するための一助になれたらと思っています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

関西医療学園専門学校(専修学校/大阪)