• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 関西医療学園専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 木村 華良先生(理学療法士)

こんな先生・教授から学べます

自分で考え、行動し、経験を重ねる大切さを力説する先生

理学療法士
理学療法学科 
木村 華良先生
先生の取組み内容

事故や病気などで突然障がいを持ち戸惑っている方や、障がいとともに長い人生を送られている方など、手助けを必要とする方々に対して、私たち理学療法士には何ができるのか。さらに、家族の方々や周りの環境にも望まれることは何かを考えながら、学生の指導や療養事業などの様々な活動を行っています。高校卒業後に入学する学生の多くは『人に役立つ』ことを仕事にしたいと学び始めます。理学療法士の資格取得は、ゴールであると同時にスタート。できることは何かを自分に問いかけながら、たくさんの患者様と向き合い、試行錯誤を繰り返す。経験を重ねれば、できることは増えます。間違いや失敗があっても、それは成長のきっかけ。覚えるだけでいい正解はありません。止まらずに前進し続けることが大切だと、私自身も日々実感しています。

オープンキャンパスでは、学校や学科の全体的な説明や、在校生交流会、体験授業など、多彩なイベントを開催

授業・ゼミの雰囲気

基礎知識と専門技術を修得し、臨床実習で実践力を養成。卒業生や同窓会組織による学びのサポートも。

授業は、書籍や資料での学習だけでなく、臨床場面をできるだけイメージしやすくするために、画像や動画も見ながら理解を深めるスタイル。1年生で学ぶ基礎的な知識が実際の臨床場面につながるよう、イメージして考える「想起」の時間を大事にした指導が行われています。現在、理学療法学科の教員は全員本校の卒業生。実習先にも本校の卒業生が多く、授業や実習、国家試験対策など、同じ状況を乗り越えてきた先輩の指導やアドバイスが、学生の成長を支えてくれています。卒業後の活躍の幅も広く、将来の進路をイメージしやすい環境です。

理学療法士は、身体に障がいが生じた人に対して、動作能力の回復を図る運動療法や物理療法を行う専門家

キミへのメッセージ

「理学療法士ってどんな仕事?」という興味が、喜びにつながる未来を開く

理学療法士は障がいと向き合う患者様に寄り添える素晴らしい仕事。多くの方に喜んでもらえる理学療法士になるために一緒に頑張りましょう。何を学び何ができるようになるのか、まずは一度学校に来てお話しましょう。

木村 華良先生

専門:神経筋疾患理学療法学、日常生活活動学、理学療法評価学、小児疾患理学療法学。高校卒業後、関西医療学園専門学校に入学。理学療法士の国家資格を得て、一般病院や重症障害児施設、訪問リハビリなどでの仕事を経験。約10年にわたる教職と併せて、保健所事業の委託を受ける形で地域の療育事業にも携わっている。パラスポーツやレクリエーションのボランティア、また、趣味のテニスを続けるなどアクティブな一面も。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関西医療学園専門学校(専修学校/大阪)