• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • トヨタ神戸自動車大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 自動車整備・車体整備科

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科

定員数:
30人 (3年制)

一般整備技術に加え、板金・塗装・溶接などの幅広い知識・技術を持つ自動車整備士を目指す

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

目指せる仕事
  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

  • 自動車車体整備士

    高度な修理技術で車を元通りに

    事故などで損傷を受けた車の修理をする仕事。壊れた部品の交換や、外装の板金・塗装だけでなく、フレームのゆがみをコンピュータで計測し、元の位置まで戻すなど、高度な技術が必要だ。単に見た目だけでなく車の安全性も元通りにする。

  • 自動車セールスエンジニア

    カーライフ全般に詳しい販売員

    パンフレットを読めば分かるような情報だけでなく、技術的な知識を生かして顧客に十分な情報提供をし、販売につなげるのがセールスエンジニアの仕事だ。車の性能や構造だけでなく、保険や車検、整備や修理についても詳しく、カーライフ全般について適切なアドバイスをする。

  • レーシングメカニック

    レーシングチームのハイテクエンジニア

    カーレースは、ドライバーとレベルの高いメカニックチームが一緒になって戦う。レーサーメカニックはコンピュータでマシンを管理し、走っている車の水温、油温、油圧、エンジン回転数、残熱量、スピードなどのデータを基に燃費やペースを分析してドライバーに指示したり、整備したりする。

  • カーチューナー

    自動車・オートバイ・自転車など、乗り物の性能を最大限に引きだす

    エンジンのパワーを上げ、加速をスムーズにするなど、自動車・オートバイ・自転車の性能を最大限に引きだす仕事。シリンダーを削る、吸気排気のタイミングを調整するなどエンジン本体のチューンだけでなく、エアクリーナーやマフラーの交換、車高やサスペンション、ブレーキの調整などトータルバランスを意識しながら仕上げていく。

  • カスタムメカニック

    カスタムパーツをその場で素速く取り付ける自動車・バイク専門のメカニック

    自動車やバイクのメンテナンス、機能拡張などを行う。車種とそれに適した部品に関する幅広い知識、溶接や機械加工、板金といった特殊技術が求められる仕事だ。また、取り付けるパーツや車の仕様に関するトレンドなども把握しておく必要がある。

  • レストア技術者

    自動車・オートバイ・自転車など、往年の乗り物をよみがえらせる

    クラッシックカーに代表される、今は生産されていない往年の乗り物をよみがえらせるため、中古車や廃車同然の状態から修理、補修を行う。ボディ、足回り、内装、塗装からチューニングまで仕事の範囲は多岐にわたる。こうした専門知識に加え、こだわりと愛着をもって一台一台仕上げていく。

  • カーディーラー営業

    自動車販売会社のショールームなどで接客をするほか、企業や個人宅を回って営業することも。

    街中にある自動車販売会社で営業を行うのがカーディーラー営業。新車や中古車など、扱うものはその自動車販売会社によってさまざま。自動車が好きであることはもちろんだが、来客したお客様がどんなことを望み、何を求めているのかを的確にキャッチする「聞く力」が重要な仕事。自分の好みを押し付けるのではなく、お客様の要望に沿った提案をいかにできるかが営業の仕事。ショールームなどで接客することも多いが、平日の日中などは担当地域の個人宅や企業を回り、話をして、メンテナンスや買い替えの要望を引き出すことも大切。

  • 自動車商品企画

    消費者のニーズなどを調べ、「売れる新車」のアイデアを練り上げる

    自動車メーカーで新車の企画をする仕事。消費者のニーズや他社の動向、自社の技術力などを総合して、「売れる自動車」のアイデアを考える。マーケティング部門と連携しながら、自らも調査をして、「今、どんな車が求められているのか」をリサーチし、技術部門と相談をしながら新車の構想を具体化していく。価格設定や販売戦略に関わることも。新車の開発には多大な時間と費用がかかるため、商品企画担当者が担う役割は重要。マーケティング的な要素も強い仕事なので、文系出身者も活躍している。

  • 自動車開発・設計

    さまざまな分野の技術者が力を合わせ、新車を作り上げていく

    自動車メーカーで、新車の設計や開発を担当する技術者。商品企画部門が考え、社内会議で採用された新車のアイデアを、技術力を生かして形にしていく。担当は、外観の設計、内部構造の設計、エンジンの開発、制御システムの開発といったように細かく分かれており、デザイン、機械工学、電気・電子工学、ITなど多様な分野のスペシャリストが活躍している。それぞれの部門が連携しながら技術的な課題を解決し、何度も試作車を作って、企画に沿った自動車を完成させていく。

初年度納入金:2022年度納入金 125万1000円  (別途その他諸費用として13万5000円)
年限:3年制(昼間)

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の学科の特長

自動車整備・車体整備科のカリキュラム

一般整備技術に加え、車体整備技術(板金・塗装・溶接)を備えたプロフェッショナルへ
1・2年次で自動車整備を学び、3年次で車体整備を学ぶ3年間のカリキュラム。自動車を基礎から学ぶことができるので、知識が全くない方も安心して入学できます。2年間で点検・整備・修理の整備技術を修得し、国家2級自動車整備士資格を取得。3年次では、板金・塗装・溶接を専門的に学び自動車車体整備士資格を取得します。

自動車整備・車体整備科の授業

3年次は車体整備技術(板金・塗装・溶接)修得に特化した授業
事故修理に付帯する各種外装部品の脱着や調整作業、ボデー補修(パネル修正・パテ整形)、塗装(調色・ソリッド、メタリック塗装)、各種溶接(アーク溶接・半自動溶接・スポット溶接)の技術を修得。また、外部講師(トヨタ自動車・ペイントメーカー)を招いての技術講習や学外研修等、充実した授業内容を用意しています。

自動車整備・車体整備科の実習

技術の集大成、レストア車両を「大阪オートメッセ」に出展
3年次では1台の車両をレストアし大阪オートメッセに出展。レストアの際は自動車をホワイトボデーまで分解。整備技術を活かし取り外した部品は全て点検・整備・調整を行い、入手できない部品は自作し板金塗装で新車のように復元します。〈実績〉2019年度カローラレビン(1987年式) 2020年度トヨペットクラウン(1960年式)

自動車整備・車体整備科の施設・設備

トヨタ直営校だからできる豊富な教材と最新の板金塗装設備
板金塗装の技術修得がしっかりできるようトヨタの教育用教材を使用。板金塗装に必要な溶接機やスプレーガン等の専用教材も豊富に用意。さらに、フレーム修正機や塗装ブースなど実際のトヨタ販売店で使用されている大型設備も導入。また、作業時には保護具(防塵・防毒マスク等)を徹底し安全・健康面に配慮しています。

自動車整備・車体整備科の編入学

車体整備を学びたい方は自動車整備・車体整備科3年次への編入学が可能!
トヨタ神戸自動車大学校の自動車整備科および国際自動車整備科の卒業生(卒業見込みを含む)の方、他校にて2級自動車整備士の養成課程を修了(修了見込みを含む)した方は、自動車整備・車体整備科の3年次に編入学することが可能です。詳しくは本校までお問い合わせください。

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の学べる学問

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の目指せる仕事

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の資格 

自動車整備・車体整備科の取得できる資格

トヨタサービス技術検定3級 
電気自動車等の整備業務に係る特別教育修了
電子制御装置整備の整備主任者資格
アーク溶接特別教育修了
有機溶剤作業主任者 ほか

自動車整備・車体整備科の受験資格が得られる資格

  • 自動車車体整備士<国> (実技免除) 、
  • 二級ガソリン自動車整備士<国> (実技免除) 、
  • 二級ジーゼル自動車整備士<国> (実技免除)

自動車整備・車体整備科の目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> (乙種第4類)

    トヨタサービス技術検定ボデー3級/ペイント3級
    トヨタエスティメーション検定3級 ほか

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の就職率・卒業後の進路 

自動車整備・車体整備科の就職率/内定率 100 %

( 26/26 就職者数/就職希望者数 )

自動車整備・車体整備科の主な就職先/内定先

    全国のトヨタ系販売会社 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

トヨタは全国約260社・5000店舗を有しているため、地元へのUターン就職も目指せます。

トヨタ神戸自動車大学校 自動車整備・車体整備科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町4-1
TEL:0120-763-124(フリーダイヤル) (広報入試グループ)

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市西区学園東町4-1 神戸市営地下鉄「学園都市」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内


トヨタ神戸自動車大学校(専修学校/兵庫)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT