• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 関西美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 瀧野 達彦さん(美容学科(2年)/美容師)

しっかりと準備を重ねて、お客様と向き合う毎日です

先輩の仕事紹介

美容が好きだからこそ、手を抜かない。努力することを今も楽しんでいます

美容師
美容昼間課程/2007年3月卒
瀧野 達彦さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

美容師の夢を叶えて、9年目。現在は東京・表参道にある『Belle』でスタイリストをしています。仕事の中心は雑誌の撮影とサロンワーク。その両方に共通しているのは、満足のいく仕事のために一切の手抜きをしないということです。例えば、雑誌の撮影ならばヘアメイクはもちろん、衣装やメイク、ロケーションにカメラの構図まで徹底的にシミュレーションを行いますし、サロンワークであれば前日にお客様のカルテを何度も確認します。その中で自分の世界観を表現できることはとても楽しく、何より、お客様からいただく「ありがとう」が最高の励みになりますね。納得いくまで頑張った分、大きな喜びも得られるのが、美容師の仕事だと思います。

業界ココだけ話!

サロンの中では、やはり主役はお客様。心地良いサロンの時間と技術の両面に満足していただきたいから、準備だけでなく当日の接客にもこだわります。最も大切にしているのは、お客様がリラックスできる距離感。コミュニケーションの中に適度なフランクさを交えながら、その方の好みやこだわりを自然に探っていく…。時には言葉で表現できないニーズにも気づけるよう、常にアンテナを張り巡らせています。きめ細かな心遣いにこだわる毎日の中で、7年以上お付き合いのあるお客様から、「あなたにお願いして失敗したことがない」と言っていただいたことも。こちらの気持ちが伝わっている気がして、心から嬉しくなった瞬間でした。

適度な距離感の中でお客様のニーズをつかみます

分野選びの視点・アドバイス

美容師として一番をめざすなら、人と同じことをしていてはダメ。だから僕は自分の強みをできるだけたくさん見つけて、それを伸ばす努力を楽しみたいと思います。今、こうして美容の激戦区・表参道で夢を叶え続けられているのは、KANBIで前向きに努力できる姿勢を養えたから。基礎からデザイン性の高いものまで、あらゆる技術が楽しく学べた豊富な実習、放課後も熱心に指導をしてくださる情熱的な先生、プロになってからも励まし合える仲間たち…。そのすべてが今の僕を支えてくれています。美容師は才能やセンスも大事ですが、それは練習でいくらでも補えるもの。本気で美容師をめざすなら、ぜひKANBIで夢を追いかけてください!

自分の強みを見つけて成長を重ねたいですね

瀧野 達彦さん

『Belle』勤務/美容昼間課程/2007年3月卒/漠然とファッション関係の仕事に興味を持ち始めた高校時代の瀧野さん。人と接することが大好きだったこともあり、デザインとコミュニケーションの両方を追求できる美容師の道を選んだ。「いろんな美容学校を見学に行きましたが、KANBIは先生も学生も和気あいあいとしているのは印象的でした。自分にピッタリな学校だと直感しましたね」。日々の実習に励む一方で、イベントやコンテストにも積極的に参加。2年間の学生生活を満喫した。「KANBIでは同じ価値観を共有できる仲間とたくさん出会いました。卒業して10年近く経った今でも、当時の仲間はかけがえのない存在です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

関西美容専門学校(専修学校/大阪)