• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • グラムール美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北林 夏美さん(美容科昼間部 ヘアデザイン科/美容師)

サロンのディレクターとして、デザイン力アップに貢献することも目標のひとつ。

先輩の仕事紹介

美容師は、お客さまの「ありがとう!」の気持ちがダイレクトに受け止められる幸せな仕事です

美容師
ブライダル科/2014年卒
北林 夏美さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

お客さまからいただく「ありがとう!」の言葉が、美容師という仕事の魅力のすべてです!多くの美容師はスタイリストになるまでのアシスタント時代を経験します。私もシャンプーなどを担当しながらアシスタント業務に携わりました。サロンの営業が終わってからは練習、練習…が続きます。たしかに大変な時期ですが、それでもシャンプーや接客の会話の中でお客さまに喜んでいただければ、「頑張ろう!」という元気の原動力になります。それはスタイリストになってからでも一緒。一人ひとりのお客さまに向き合う仕事だからこそ、ダイレクトにお客さまの気持ちが伝わってくるので、「ありがとう!」の言葉は本当にうれしいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと私は自分に自信のあるタイプではありませんでした。それでも、美容室からの帰り道は、少し気分がウキウキして、自信のようなものを感じている自分に気づきました。と同時に、人に力を与えられる美容師という仕事の魅力を意識するようになったのです。高校生の頃には、将来、美容師を目指すことは明確な目標になっていました。

美容師は“きれい”だけでなく、自信や元気を提供する仕事です!

学校で学んだこと・学生時代

さまざまなコンテストにチャレンジし、自分の可能性に気づくことができた2年間だったというイメージです。ヘアカットも着付けも、最後の校内コンテストで優勝することができたので、「やりきった!」という満足感でいっぱいでした。就職して、新人アシスタント時代から、成人式のヘアセットや着付けのスタッフを担当させてもらったり、日本最大級のファッションショーにサロンを代表してヘアスタッフとして参加させてもらったりしたのは、グラムールで身につけた技術と、学生時代に出場したコンテストの実績のおかげであることは間違いありません。学生時代の頑張りは、美容師としてキャリアに直結するものですよ!

学生時代の2年間はチャレンジの連続。第5回全国理容美容学生技術大会全国大会では、カット「国家試験課題」で金賞受賞。

北林 夏美さん

Hairmake chou-chou /ブライダル科/2014年卒/奈良県郡山高等学校卒業。ヘアも着付けも本格的に学べるグラムール美容専門学校を選ぶ。株式会社ハピネスに就職。神戸コレクションバックステージ・a-nationなど、多数のコレクションに参加。お客様の骨格やファッションから、持ち前のセンスを生かし似合わせるのが得意。お悩みやライフスタイルに合わせたお手入れのご提案が強み。居心地のいい雰囲気から幅広い年代の方から支持を頂いている。現在、Hairmake chou-chou八木店でディレクター兼アートディレクターとしてサロンの広報やブランディングにも携わる。「若手ディレクターの一人として、グループ全体のデザイン力アップに貢献したい」という。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

グラムール美容専門学校(専修学校/大阪)