• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 関東工業自動車大学校
  • 先生・教授一覧
  • 堀野 裕之先生(自動車整備士)

埼玉県認可/専修学校/国土交通大臣指定/埼玉

カントウコウギョウジドウシャダイガッコウ

こんな先生・教授から学べます

最新技術に対応したハイレベルな技術を教える先生

自動車整備士
一級自動車整備科 
堀野 裕之先生
先生の取組み内容

現在の車両は自動ブレーキやアクティブセーフティなど電子制御化が進み、近い将来、自動運転化が実現すると言われています。一方で、これまでは車両が故障する直前にはおかしな音やにおいがするなどわかりやすい前兆がありましたが、電子化によって不具合が表から見えづらくなっているという側面もあります。そこで、車両が壊れないように定期的にメンテナンスをするのが一級自動車整備士の仕事なんです。整備技術と知識を持つのはもちろんのこと、お客様に安心して運転してもらうため、車両の状態や整備の必要性、その内容をお伝えすることも重要な役割です。進歩のめざましい分野のため、わたしたち教員も最新の開発技術について日々勉強していかなければなりませんが、生徒の手本となるように知識の習得に努めています。

教員仲間と電気自動車の未来について語り合うこともあります。個性豊かな教員陣にぜひ会いに来てください。

授業・ゼミの雰囲気

高度な整備スキルを身につけながら、人に説明するスキルも身につく

一級自動車整備科は、二級自動車整備士のスキルを身につけた人がさらに高度な技術を学ぶ場。授業では、一般教養を学ぶとともに、電子制御システムの構造、作動、点検を実際の車両を使いながら学びます。専門スキルを身につける上では、車両の「正常な状態」を知る、ということをひとつの目標にしているといいます。「簡単なようですが、細かい部分まで突き詰めると難易度が高く、理解力の確認のために学生に発表させる場面を多く設けています」と堀野先生。相手の疑問に対して論理的にわかりやすく説明する訓練にもなっているようです。

国家試験合格に向けて筆記の勉強も熱心に教える堀野先生。教員と生徒の仲がいいのも、この学校の魅力。

キミへのメッセージ

自動車整備士は多くの企業で求められる、やりがいの大きい仕事です

病院の医師は、患者の心拍数や血圧などから健康状態を把握しますが、一級整備士も同じように、コンピュータの数値を見て車両状況を把握し整備計画を立てます。多くの企業で求められる、やりがいのある仕事ですよ。

「工学の知識がなくても、ゼロから丁寧に教えるので、安心して入学してきてください」(堀野先生)

堀野 裕之先生

専門:一級自動車整備科教員
関東工業自動車大学校卒業後、民間の整備工場に就職。車検整備や部品交換などの仕事を5年行った後、教員として本学に戻る。保有資格に一級自動車整備士、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級二輪自動車整備士、自動車車体整備士ほか多数。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関東工業自動車大学校(専修学校/埼玉)