• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮崎
  • 宮崎医療管理専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 増田 亜紀さん(医療情報管理科/医療事務)

宮崎県で学び、働く卒業生

右へ
左へ

医療事務として地域医療に貢献することが私の成長に繋がっています

宮崎医療管理専門学校を卒業した増田亜紀さんに、地元・宮崎県で学び、医療事務として働くことの意味。そして「今思うこと」や「この街でこれから目指すこと」についてお話を伺いました。

医療事務
医療情報管理科+医療情報管理専攻科
(2017年卒)
増田 亜紀さん
  • 医療法人社団紘和会 平和台病院
  • 宮崎県 宮崎商業高等学校 卒
事務職をするなら地域や社会に役立つ医療事務と決めていました!

たくさんの資格取得ができたことが自信となっています

お茶会や学園祭などのイベントがあって楽しい学生生活でした

先生方にはとてもお世話になりクラスメイトとは今でも仲良しです

医療に関する知識や接遇マナー、診療報酬請求に関する知識など、医療事務職に必要なことは全て学べました。特に資格取得には力を入れ、診療報酬請求事務能力認定試験、メディカルクラーク、秘書技能検定などを取得。さらにもっと専門力を磨きたいと思い専攻科へ進学し、診療情報管理士の資格を取得しました。これまでの学校のバックアップに感謝しています。

好きな宮崎で働く地元志向の人たちが増えています

受付業務を効率よく迅速に行い患者様を待たせないようにします

患者様の膨大なカルテ管理はとても重要です

暖かくて穏やかな人が多い宮崎が大好きです。資格取得を頑張った分、就職企業の選択肢は多かったですが、自宅から通え家族や友達といつでも会える環境は変えたくなかったので、迷わず地元企業への就職を第一に考えました。ライブ鑑賞が好きでよく県外へ行きますがそんなに不便を感じませんし、たまに都会へ行く方が刺激もあっていいのかと思っています。そんな生まれ育った宮崎の医療を支える一員としてこれからも働いていきます。

地域の方々が安心して医療を受けられるようにサポートしていきます

病院内の他職種の方とも患者様や業務について情報を共有します

渡邊さん柳田さんも本校卒業生で多くの卒業生が勤務しています

私が勤める平和台病院は、糖尿病専門病院として地域に根ざした医療に取り組んでいます。長期間治療が必要な糖尿病患者の場合、多くの合併症を併発することが多いため、専門科による様々な予防対策が必要です。そこで患者様は宮崎市内に留まらず県外からも多く通院されています。広範囲な地域の人々から頼りにされているのを実感する毎日であり、医療事務職として貢献できることをどんどん増やしていきたいと思っています。

医師を支える専門性の高い医療事務・医療秘書の養成に長年努めています

これまで1300名を超える卒業生を輩出しており、県内外の医療機関で責任ある役職で活躍している卒業生が多く、就職支援においてもそのネットワークを駆使し、学生の希望する就職を可能にしていきます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
宮崎医療管理専門学校(専修学校/宮崎)
RECRUIT