• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都コンピュータ学院京都駅前校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ビジネス学系
  • 農業ITコース

京都府認可/専修学校/京都

キョウトコンピュータガクインキョウトエキマエコウ

農業ITコース

データ収集技術、クラウド化技術などを学び、農業の効率化・経営を支える人材を養成

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 経営工学

    企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える

    経営に関する問題を工学的アプローチによって解決し、効率的で合理的な経営システムを構築しようとするのが経営工学です。経験や勘だけではたどり着けない、経営における真理をみつけるため、種々の問題を数学的に分析。より普遍的で、ムリ、ムダ、ムラのない経営体系を考えます。経営学は実際の組織運営から方法を学ぼうとするのに対し、経営工学が数学的分析に基づいて課題解決を目指す、といった違いがあります。卒業後の進路としては、生産管理、品質管理をはじめ、人事、財務、企画広報など、さまざまな選択肢があります。物事を俯瞰して分析する力は、システムエンジニアやプロジェクトマネジャーとしても重宝されるでしょう。もちろん、起業して経営者になるという道もあります。

目指せる仕事
  • 品質管理・衛生管理

    消費者に安全な商品を提供するための仕組み作りや検査を担当する

    一般消費者に安心安全な製品を提供するために、原材料の仕入れから製造、出荷までのすべての工程で品質の管理をする仕事。必要に応じて衛生検査なども行う。品質管理で重要なポイントの一つは、生産の過程で不良品を生み出さないようにする仕組み作り。原材料の安全性の確認から、生産現場でのチェック体制、出荷時の検品体制、クレームがあった場合に即座に現場の業務改善に反映させる体制などを整えることで、安定的に品質を保つことが可能になる。一方で、生産現場での品質管理・衛生管理も大切な仕事。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 農業

    米や野菜、花からハーブまで、自然の中で育てて生産するスペシャリスト

    農業は、自然の中で、季節を感じながらさまざまな農作物を自分の手で生産するのが仕事です。農業を始めるにあたって学歴や特別な資格は必要ありませんが、土作りから収穫まで、育てる作物やその土地の気候、地質によって異なるので、土や肥料についての知識や経験が必要になります。家が農家の場合は実践を積むのが近道ですが、そうではない場合、それらの知識を身につけるには農学部のある大学や農業の専門学校、農業大学校などを経て、個人事業者として開業するか、農業法人、企業の農業研究機関に就職する方法があります。最近では、無農薬栽培や有機栽培、また生命科学(バイオサイエンス)などを応用した作物の栽培も注目され、農業の幅は広がっています。ただし、台風や積雪などの天候に左右されて収入が不安定になりやすい、難しい仕事でもあります。長く安定的に続けるためには専門的な知識を常に学んでいくことも大切です。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

初年度納入金:2019年度納入金 140万円  (教材費等別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

農業をIT化で活性化する技術、次世代農業に関する最新のIT知識を学ぶ
農業従事者の大幅な減少や海外の農作物などの輸入自由化により、日本の農業を取り巻く環境は厳しさを増しています。ITはこうした現状を解決する可能性があると期待され、農業のIT化が進みつつあります。野菜を人工的に管理する野菜工場や農作物の流通経路を追跡できるシステムなど、次世代の農業を支えるIT技術を学びます。

カリキュラム

農業分野におけるITの役割と概要、最新の活用法を豊富な実例をもとに理解
今後の農業ITの発展の可能性と方向性を理解するため農業とITの先進的な応用事例を学びます。田畑の環境管理や植物工場をはじめ、福祉や観光も含めたソーシャルビジネスとしての農業、さらに作物や食品の流通経路を追跡するトレーサビリティなど、農業分野でITが利用されている事例などを踏まえて、その役割を理解します。
新しい形として注目される農業の六次産業化の基本知識と方法を学習
農林水産物の生産を行う第一次産業から、加工を行う第二次産業、そして流通・販売を行う第三次産業までをつなげたトータルな事業として展開する六次産業。生産者の利益の最大化が期待され、農業の新しい形として注目される六次産業の基本的な考え方や方法を学習します。その中でITがどうか変わっていくかの理解も深めます。
自然環境におけるさまざまなデータの収集・解析を行う現場実習
農業のIT化を進める上で基本となるデータの収集と解析技術を身につける現場実習を実施。事前に自然環境(気温、湿度、水位、日光など)のデータを収集する各種センサーやカメラを用いたモニタリングシステムについて学び、その後現場へ。実際に機器を利用して、各種データの収集から解析までを行い、スキルを身につけます。
農作物の栽培や環境データを集め、データベース化まで行う農業IT実習を実施
実験的な農作物の栽培環境を用意し、その中で生育状況や環境(気温、湿度、水位、日光など)について、さまざまなセンサー・カメラなどを使って観測し、記録する実習を実施します。取得したデータをデータベース化し、最終的に活用できるようにするまで、農業分野での情報活用に関わる基礎的な手順をマスターします。

設立の背景

成長分野の農業IT化市場で活躍するシステムエンジニアを育て農業の未来を支える
最近では、農作物の栽培環境をデータ化し、農作物の栽培や農業経営に活用、さらに農業機械の自動運転技術が開発されるなど、農業のIT化が進みつつあります。2020年には、2013年と比較して9倍の約600億円に農業IT化市場が成長する見込み。将来、存在感が増す農業のIT化に関わる人材の育成をめざし、本コースを設立しました。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス 、
    • 日商PC検定試験 、
    • 秘書技能検定

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)サイバーエージェント 、 クリプトン・フューチャー・メディア(株) 、 富士通(株) 、 GMOインターネット(株) 、 ヤンマー(株) 、 (株)イルカ 、 (株)トーセ 、 (株)N.ジェン 、 (株)NTTネオメイト 、 (株)SNK ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒601-8407 京都市南区西九条寺ノ前町10-5
京都コンピュータ学院 入学相談窓口/tel:0120-988-680
hello@kcg.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5 JR「京都」駅から八条口西口を出て徒歩 7分

地図

 

路線案内


京都コンピュータ学院京都駅前校(専修学校/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る