• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都コンピュータ学院京都駅前校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アート・デザイン学系
  • マンガ・アニメ学科(3年制)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトコンピュータガクインキョウトエキマエコウ

マンガ・アニメ学科(3年制)

募集人数:
40人

マンガ・アニメ・CGなどのデジタル制作技術をマスター。アナログの知識とITスキルを身につけたクリエイターに!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 140万円  (教材費等別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

デジタルでの制作技術を身につけ、ITスキルを備えたクリエイターをめざせる
2016年4月、アート・デザイン学系の新たな課程として、マンガ・アニメ学科を新設しました。アナログによるマンガ・アニメ制作の手法とその歴史に触れながら、デジタルでの作品制作に取り組み、マンガ・アニメの制作現場や出版・流通分野でスキルを活かして幅広く活躍できる人材の育成をめざします

授業

コンピュータを使わない演習も多彩。アートの基礎を学んでさらに表現力を高める
芸術表現のベースとなるデッサン力を鍛える「ドローイング演習」、マンガや挿絵などの描き方を学ぶ「イラスト演習」など、アナログでの技術を基本から身につけることができます。アートの基礎を修得した上で、業界で用いられる幅広いソフトの操作を学び、CGやアニメーションなどの表現スキルを磨きます

卒業後

ITスキルと制作技術を駆使して、アニメーター・クリエイターとして活躍をめざす
即戦力を求めるマンガ・アニメ業界で、さまざまな制作ソフトを使いこなす技術と豊かな表現力を備えたアニメーターやクリエイターとしての活躍が期待されます。また、制作の現場で活躍している現役クリエイターの講師が丁寧に指導・アドバイスし、理想の就職をサポートしていきます

クチコミ

企業との産学連携など、高度なIT教育の推進に取り組むKCGグループ
京都コンピュータ学院(KCG)のグループ校として2004年4月にIT専門職大学院「京都情報大学院大学」が開学。多彩な分野でのITの活用を推進しています。2015年1月に船舶用の電子機器を製造する古野電気と産学連携に関する協定を結び、海洋IT分野の教育・研究推進にも取り組んでいます

設立の背景

常に最先端の人材を輩出してきた“日本最初のコンピュータ教育機関”
1963年、「理論をおろそかにしない本格教育」を理念に、日本最初のコンピュータ教育機関として創立。常に時代を先取りしたIT教育を実践し、今日の高度情報化社会を担う人材を輩出し続けてきました。現在では教育ネットワークを世界に広げ、海外の最新の技術動向なども授業に取り入れています

イベント

国内外のイベントに出展!日本のコンテンツを発信する「クール・KCG」
マンガやアニメといった日本のコンテンツに関連する国内外のイベントにも積極的に参加。イベントを支えるとともに、KCGの教育の成果を発信しています。マンガ・アニメをフィーチャーした世界各国のイベントへの出展の他、毎年秋、京都市で開かれる「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」を共催しています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • CGクリエイター検定 、
    • CGエンジニア検定 、
    • マルチメディア検定 、
    • 色彩検定(R) 、
    • Webクリエイター能力認定試験 、
    • DTP検定 、
    • DTPエキスパート認証試験 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 情報検定(情報システム試験)【J検】 、
    • 情報検定(情報デザイン試験)【J検】 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ヤフー(株) 、 (株)カプコン 、 富士通(株) 、 ヤンマー(株) 、 (株)エイチーム 、 (株)NTTデータ関西 、 日立物流ソフトウェア(株) 、 (株)ディー・エヌ・エー 、 (株)画龍 、 関電システムソリューションズ(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒601-8407 京都市南区西九条寺ノ前町10-5
京都コンピュータ学院 入学相談窓口/tel:0120-988-680
hello@kcg.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5 JR「京都」駅から八条口を出て徒歩 7分

地図

 

路線案内


京都コンピュータ学院京都駅前校(専修学校/京都)