• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 京都
  • 京都建築専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 野村 一平さん(建築科(昼間)/株式会社伏見建設事務所)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトケンチクセンモンガッコウ

大工の仕事につながる学び

右へ
左へ

実際の現場に近い実習の場が、今の仕事に役立っています

基礎から最後の仕上げまで、すべての大工仕事を一貫して行うことができる株式会社伏見建設事務所。手刻みで家づくりに必要な部材をつくっている野村さんに、今の活躍を支える在学中の学びを伺いました。

株式会社伏見建設事務所
建築科 木工コース
(2017年卒)
野村 一平さん
  • 大工
自ら求めて動いていけば、いろんなチャンスを与えられた2年間

建築の基礎をしっかり学び、さらに伝統建築・木造建築を修得する

昔からモノ作りが好きで、小学生の頃に市役所が企画した木工教室に参加したのがこの道を目指すきっかけに。繊維の方向によって、のこぎりでの切り方が変わることを教えて貰ったことが印象的でもっと色んな知識を得て大工になりたいと思いました。早く働きにでたい気持ちもあったのですが、少しでも大工に関する知識をつけたくて京都建築専門学校へ。建築の基本となる設計製図と木造建築に関して詳しく学ぶことができました。

今は毎日、木と向き合うことができて楽しいです

右へ
左へ

実習を通じて体を動かした経験が、今の仕事に役立っています

2年時に木工コースで古民家改修のリーダーに。実際に古民家の構造を見て自分たちの知識と技術で改修を行った経験は、今の仕事にとても役立っていると思います。できるだけ多くのゼミに参加し、先生にくっついて色んな現場にも足を運び、2年間で木造建築とかかわりある現場をいろいろ経験することで、たくさんの知識を身に付けることができました。先生に現役の棟梁が多いので、実際の技術を間近で見れるのも魅力のひとつでした。

学校で学んだ事が今の仕事に役に立ってます

右へ
左へ

経験が喜びにつながる仕事。ひとりで一軒任される大工になりたい

大変なことも多いですが、その分、仕事に対し丁寧に心を込めて取り組んで完成させた時の達成感は格別。施主さんの嬉しそうな笑顔を見た時に「この仕事をやって良かった!」と自分の仕事に誇りややりがいを実感します。いつかは、家を一軒ひとりで任されるような大工になりたいです。まだまだ習得すべき技術がたくさんあるので、先輩の技をよく見て、様々な経験を積みながら自分の技術や知識を高めていきたいです。

大変な分だけ、やりがいも大きいです

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都建築専門学校(専修学校/京都)