• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都建築大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岡田 洋生子さん(建築科/建築士)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトケンチクダイガッコウ

建築士になった今でも、人と家の話をするのが大好き!

先輩の仕事紹介

一級建築士として、「匠の仕事」=最高の家を建てたいと思っています。

建築士
建築科・専科(現・建築専攻科)/2009年3月卒
岡田 洋生子さん

この仕事の魅力・やりがい

一級建築士になって、周りのいろんな人たちからは、冗談交じりに,「匠ですね!」とよく言われます。だからというわけではありませんが、依頼いただくお客さまから寄せられる期待は本当に大きいので、私としては「匠に負けないくらい良い仕事をしたい」と常に思うようになりました。同じ人間がこの世に二人といないのと同じで、同じ家は二つありません。当然、依頼のあるたびに新しい挑戦が求められ、頭を悩ますのですが、それでも出来上がった家と、喜ぶお客さまの笑顔を見るたび、こんな幸せな職業は他にないと実感します。京都建築大学校で学んだこと、現在の会社で学んだことを生かして、最高の家を建てたいと思っています。

業界ココだけ話!

私は職業として建築家を選びましたが、今でも、家が大好きです。いつも、「おしゃれな家が好き」「あんな家に住みたい」とワクワクしながら住宅雑誌を読んでいるほどです。家を建てる際、主導権を握っているのはほとんどが奥様の方なのですが、打ち合わせ時には、同世代の奥様とまるで“女子会”のようなノリで、キッチンや内装の話に花が咲きます。それは、いつしか仕事であることも忘れてしまうくらい楽しい一時です。そして、それが私のエネルギーになっているのかもしれません。洋風の家、スタイリッシュな家、自然素材の家、和風の家…とにかく、いろんな家に挑戦したいと思っています。

学生時代の友人らは、仕事の上でも欠かせない相談相手

分野選びの視点・アドバイス

夢を叶えるためには、学校選びは大切です。私は、京都建築大学校を選んで本当に良かったと思っています。就職して働きながら資格を取るのは大変だと、実際に働き出してから実感しました。私の場合、京都建築大学校時代に、できるかぎり多くの資格を取得していましたし、それ以上に良かったのは、資格試験のための勉強のコツや対策に慣れていたことです。就職してからも、必要に応じて、いくつもの資格を効率よく取得できたのは、京都建築大学校時代の経験のおかげだと思います。

これからも、いろんな家の設計に挑戦したいです!

岡田 洋生子さん

株式会社澤村勤務/建築科・専科(現・建築専攻科)/2009年3月卒/京都建築大学校卒業後、現在の建設会社に就職。2014年には「一級建築士」資格も取得。高校生ときに、実家の建て替えを経験し、新しい家に住む喜びを知ったことから建築士を目指すようになった。「京都建築大学校の学生時代の一番の思い出は、友だちが大勢できたこと。授業も、資格試験も、サークル活動も、友だちのおかげで本当に楽しかったです。卒業後も、同じ業界に進んだ人が多いので、プライベートだけでなく、仕事の上でも欠かせない相談相手になっています」という。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

ビッグキャンパスが自慢

この学校のおすすめ記事

京都建築大学校(専修学校/京都)