• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都建築大学校
  • 先生・教授一覧
  • 上島 均教授(建築学)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトケンチクダイガッコウ

建築学を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

人と建築と社会の良好な関係を追求する

地域における歴史・文化・風土・生活(風習)等を基本に、そこに生まれる『場所の造形』を通して『人と建築と社会の良好な関係』を追求し、地域(コミュニティ)の形成を基本とした理論的な建築設計を学んでいます。

建築学
建築学科
上島 均教授
  • 専門「建築計画・意匠」
  • 一級建築士。東洋大学工学部建築学科卒業(布野修司研究室) 建築設計事務所勤務。建築家 森京介・浦辺鎮太郎に師事 1996年独立 アーキフィールド建築研究所 主宰
建築を通して、日本の未来を作ってほしい!

自分の視点を持ち、社会を知って、生きた建築で日本の未来を作ってほしい

歴史や文化などの地域性に合った建物のデザインや機能をはじめ、自分の視点を持つなど、特に理論的な提案とそれをいかに形として表現するのか。理論ばかりでなく実践を踏まえ、常に「人と建築と社会の良好な関係」を考えています。学生たちには、人との出会いや経験を大切にしながら、常に社会の動きをつかみ、日本の未来を作る発想を作品に反映させてくれることを期待しています。

多くのゼミ卒業生が、建築業界に就職して活躍しています。

右へ
左へ

ゼロからイメージして設計する力が身につきました

私は小さい頃から地元・京都の街並みや住宅に興味を持っていました。建築の知識や資格を習得し、上島均建築設計研究室ではゼロからイメージする力が身につきました。卒業後は、京都を中心とした住宅の設計に携わりたいです。

西田有里さん 卒業研究テーマは「体験型宿泊施設」の建築設計

右へ
左へ

多くの人に影響を与える建築をつくりたい!

SNSに代表されるように膨張する情報社会の中、建築も社会に呼応するように多くの人に影響を与えるものとして変化しています。そんな建築の持つ、大きな将来性を上島均建築設計研究室でのゼミ活動を通して知ることができました。将来は、多くの人に影響を与える建築をつくりたいと思っています。

中西勇登さん 「新しい集合住宅」を卒業設計テーマに奮闘中

右へ
左へ

建築には無限の力が秘められています

建築は、地域に色づけし、文化を育み、歴史を刻み、社会を創り、地域の人達の心を豊かにしてくれます。そして、子どもたちの未来を明るくし、その結果、すべての人を育ててくれる分野です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

京都建築大学校(専修学校/京都)