• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 京都
  • 京都自動車専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 圓山 亮大さん(自動車整備工学科/自動車セールスエンジニア)

経験豊富なメカニックから多くのことを学んでいます

先輩の仕事紹介

お客様の「ありがとう」の一言が、私の仕事の喜びとモチベーション

自動車セールスエンジニア
自動車整備工学科/2012年卒
圓山 亮大さん

この仕事の魅力・やりがい

Kyoto BMW本社でサービスアドバイザーの仕事をしています。サービスアドバイザーとは、当社の車を所有されているお客様のお困り事を解決する仕事。車の故障や調子の悪い部分をヒアリングし、車の現状を把握し判断しながら、その解決方法をメカニックに伝える役割を担っています。仕事の上では、お客様がご来店されてお話を伺うことが多いので、話し方や立ち居振る舞い、表情などに気を遣いながら、円滑なコミュニケーションができるよう心がけています。仕事の魅力は何と言ってもお客様から「ありがとう」とお声がけして頂けること。元々あまり話すことが得意ではなかった私が、仕事をすることで人間的にも成長できていると実感しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

親戚が整備工場をやっていた関係で、幼い頃から自動車に興味があり、中学の頃には将来は車に関する仕事がしたいと思っていました。自動車整備士をめざすことになったのは、二輪免許を取得し、バイク友達が増える中で、自分でエンジンやブレーキを触り出すようになり、次第に乗ることからいじることに興味を持つようになったからでした。現在勤めている会社に出会ったのは、京都自動車専門学校の1年生の時の企業説明会で、会社の人事の方が「人を大切にする会社です」とおっしゃっていたのが印象的で、実際にどのような会社なのか見てみたいと思うようになったのがきっかけでした。メカニックの方の和気あいあいとした雰囲気も良かったですね。

お客様の悩みは様々。常に笑顔を忘れずに接客

学校で学んだこと・学生時代

1年生から授業の半分は実習で、数人のグループにわかれて自分たちで考え、試行錯誤しながらエンジンやシャシー等の課題にチャレンジしていました。この学校の良い点は、先生が熱心にマンツーマンで教えてくださるところ。二級自動車整備士資格の受験前にもわからない点があれば徹底的に教えてくださいました。思い出深いのは電装実習。学生時代、電装は苦手でしたが現在の車はコンピュータの固まりのようなものなので、電装(コンピュータ)に関する基本的な知識を学べたことが今の仕事にも役立っていると感じます。今後も自動車のインテリジェント化がますます進むと思いますので、電気系統の勉強はしっかりとやっておいた方が良いと思います。

カリスマ性あるフロントラインはBMWの誇りです

圓山 亮大さん

(株)マツシマホールディングス Kyoto BMW本社勤務/自動車整備工学科/2012年卒/元々は他メーカーの自動車が好きだったという圓山さん。京都自動車専門学校に進学したのは、高校時代の先生の薦めと、卒業後の進路が多様にあることが決め手だったそうだ。BMWで仕事をしていて面白い点は、ガソリンン車やディーゼル車、そしてEV車と様々な種類の個性あふれる車に触れることができること。運転時の爽快な加速感がたまらないという。現在の目標は、これから入ってくる後輩たちに慕われる先輩になること。そして、お客様から「圓山」の名前でご指名をいただけるぐらいのサービスアドバイザーになることだと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
京都自動車専門学校(専修学校/京都)