• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都保育福祉専門学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 赤本 由紀さん(保育科/保育士)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトホイクフクシセンモンガクイン

こども達の成長を見られることが何よりも楽しく、幸せ

先輩の仕事紹介

こども達の笑顔と優しい心に毎日触れ、保育士の仕事の楽しさを実感しています

保育士
保育科/2003年卒
赤本 由紀さん

この仕事の魅力・やりがい

私が務める保育園では、乳幼児~5歳までのこども達が一緒に過ごす、異年齢保育をしているのが特長です。違う年齢のこども同士が日々触れあう中で、社会性や豊かな人間性が自然と育まれたりするのが、良いところですね。その中で私は保育士の主任として、こども達の成長を見据えて、年間を通した保育の仕方や保育計画を考えることも任されています。仕事では、日々のこどもたちとの触れあいの中で、成長を見守れるのがやりがい。特に異年齢保育のため、最初はそうではなかったのに、誰かが転んだりしたら、助けてあげたり、誰かが泣いていたら、慰めてあげたりと、優しさや思いやりを持った子どもに成長した姿が見られる瞬間は、最高ですね。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、実習がすごく充実していて、より深く保育の現場を知ることができたと思います。また先生のアドバイスで、ボランティアなどにも参加させていただき、数多くの保育現場やこども達と触れあうチャンスを得られたことで、貴重な経験を積めたのも良かったです。これら学内、学外の実習やボランティアを通じて、子どもの遊びや考え方も、しっかり現場で学ぶことができた2年間でしたね。それと、エプロンシアターや絵ばなしなど、学生時代にいろいろ作ったものは、就職後にも本当に役に立ちました。自分で題材を選んで、自分で作ったから、私自身の思いもこもっていて、子どもたちからも大人気。10年以上経った今も使っているほどですよ。

学生時代に色んな保育現場を体験したことが自信に!

分野選びの視点・アドバイス

私は人と接する仕事がしたくて、色々将来を考える中で、保育士に興味を持ちました。京都保育福祉専門学院へは、学校見学に来た時に授業がすごく楽しそうで、「この学校の学生は、みんな笑顔の人ばかり、ここなら自分も楽しく学べて、保育士になる夢を実現できそう」という思いを持ち、入学しました。先生との距離も近くて、相談しに行った時に断られたことがまったく無いほど。本当に学生思いの先生が多いので、私や他の友達も、卒業しているのに、何かあったら学校に立ち寄ることは多いですね。卒業してもずっと好きな学校ってなかなか無いと思いますし、いつでも温かく迎え入れてくれて、悩みの相談もできる先生がいるって安心ですよ。

卒業後も頼りにできる学校があるって安心です!

赤本 由紀さん

桂保育園勤務/保育科/2003年卒/高校3年生の時に、人と接する仕事がしたいと考える中で、大好きなこども達と接する保育士になる夢を持った赤本さん。京都保育福祉専門学院入学後は、実習やボランテイアなどを通じて、色んな保育現場を経験し、専門知識とスキルを習得。現在は、桂保育園で保育士として、日々こども達や保護者と向き合う。“最初は大変だけれど、続ければ続けるほど、より多くのこども達と触れあうほど、保育士の仕事は楽しく、より思いが深くなっていく”ことを実感中とのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都保育福祉専門学院(専修学校/京都)