• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 九州観光専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡邉 舞さん(エアライン学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

福岡県認可/専修学校/福岡

キュウシュウカンコウセンモンガッコウ

「ご搭乗ありがとうございます!」と笑顔でご案内

先輩の仕事紹介

親しみやすさがモットー。心からの笑顔を大切に、今日も空の上で乗務しています。

客室乗務員(キャビンアテンダント)
エアライン学科/2012年3月卒
渡邉 舞さん

この仕事の魅力・やりがい

ソラシド エアは、お客様との距離が近い航空会社。搭乗中にお客様から、「ソラシド エアのCAさんって、話しやすくて楽しい!」と言ってもらえたり、旅行の計画を話していただいたりすることもあります。そんな時は、会社のモットーである“親しみやすさ”が伝わっているな!と感じられて嬉しいです。それから私は、クルーの中で「スマイルメイト」という役割を担当しています。それは、搭乗中業務が忙しくなると忘れがちな笑顔を、クルーみんなに報告する仕事。朝のミーティングやフライト終了後にそれぞれの担当が意見を出し合い、次の搭乗では、さらにお客様に楽しんでいただけるようにと準備しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

離島出身なので、子どもの頃からよく飛行機を利用していて、航空業界で働くことに憧れていました。でも、専門学校に入学したころは、CAではなく、地上勤務のグランドスタッフを目指していたんです。そんな時、福岡からの帰省で飛行機に搭乗しました。飛行機の中でCAさんと話す機会があり、「航空業界で働いている人にいそうな顔立ちと雰囲気だね」と言っていただいたんです。それをきっかけに「CAさんって遠い存在だと思っていたけど、私もなれるんだろうか?」と考えるようになりました。その後、航空業界のことをさらに学んでいくうちに、「地上勤務よりもお客様と身近でお話ができるし、やってみたい!」とCAを目指すことを決心したんです。

言葉遣いや立ち居振る舞いは基本です

学校で学んだこと・学生時代

CAを目指すことに決めてからは、一直線。この仕事は体力勝負だと聞いていたので、体力作りも意識しました。たとえば学校で、「マラソン大会のボランティアスタッフ」が募集されると、積極的に参加していましたよ。受付のほか、ランナーの後ろから伴走をする役割もあり、体力維持の目安になりました。また、授業では接客業務でのマナーに関して真剣に取り組みました。敬語などの言葉遣いや立ち居振る舞い、姿勢などの基本的なことは学生時代にしっかり身につけておきたかったんです。さらに、社会勉強として、ホテルでの結婚式の配膳サービスやコンビニでのアルバイトをしました。ここで、お客様に対する接客の基本が身についたと思います。

お客様の質問にも答えられるよう情報収集に余念がない

渡邉 舞さん

スカイネットアジア航空(株)ソラシド エア勤務/エアライン学科/2012年3月卒/沖縄県八重山高校出身。九州観光専門学校卒業後、ソラシド エアで客室乗務員として勤務している。「お客様に親しみを感じてもらえるCAになりたい!そして、ソラシド エアを利用してくださった方に“また乗りたい”と思ってもらえたら嬉しい」という渡邉さん。これから高めていきたいスキルは英語だという。「外国の方も多く利用されるので、英語は絶対大事。話が広がらなかったり、想いがしっかり伝えられないと悔しくて」。高校生のみなさんには、高校時代から基礎をしっかりやってほしいとアドバイスしてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
九州観光専門学校(専修学校/福岡)