• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 九州電気専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊藤 洋輔さん(電気工学科/変電設備工事)

福岡県認可/専修学校/福岡

キュウシュウデンキセンモンガッコウ

「電気」という生活に必要不可欠なライフラインをつなぎ、多くの人の暮らしを支えているという責任ある仕事が魅力です

先輩の仕事紹介

暮らしや社会を支えるやりがいのある仕事。「電力の安定供給」という使命感を持って経験を積み、知識と技術を深めていきたい

変電設備工事
電気工学科/2012年卒
伊藤 洋輔さん

この仕事の魅力・やりがい

九州電力送配電では、発電所で作られた電気をお届けするための設備(送電線、変電所、配電線等)を建設・運用・管理し、「電力の安定供給」という使命感を強く持って日々業務を遂行しています。所属の電力部変電工事グループは、変電所構内にある電気を遮断する遮断器や用途に応じた電圧を作り出す変圧器等の取替工事を実施。工事計画・設計をはじめ、機器の容量や設置位置、現場の安全対策等を充分に検討し、現場では協力企業さまと一体となって工事を行っています。取り替えた機器が、この先40年50年以上にわたり九州管内のお客さまのもとへ電気が送られること、生活に欠かせないライフラインを担う仕事に、誇りとやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校の通学途中に大きな変電所があり、どういう仕事をしているのかと興味をもったことがきっかけ。高校でも電気について学びましたが、さらに知識を深めたいと思い、九州電気専門学校に入学しました。専門学校の研修で変電所を見学した際に、九州電力の当時の担当者から機器の構造や業務内容の説明を受けたことで、さらに興味が広がりました。九州電力には様々な部門がありますが、配属先の希望を聞かれた時に、ずっと興味を持っていた「電力輸送部門」を希望(現:九州電力送配電株式会社)。変電所の建設工事や系統計画、電力の需給運用など幅広い業務がありますので、様々な経験を積みながらスキルアップしたいと思います。

学生時代に教えられた安全確認や指差呼称を今も慎重に行っています。

学校で学んだこと・学生時代

九州電気専門学校は、高電圧実験室や制御実験室など、実際の現場と同様の設備を使って、電気回路の構成や継電器の実験といった即戦力として社会に活かせる実習がたくさんあります。先生方は電気業界の企業出身の方が多く、実社会のリアルな話をしてくれたり、解からないことを親切丁寧に教えてくださったり、とても心強かったです。資格別の少人数対応の授業もあり、先生方の手厚いサポートのおかげで資格取得にも熱心に取組むことができました。学生時代に仕事に直結する資格を取得しておくことは、一生の財産となります。電気初心者でも基礎から安心して学ぶことができる学校なので、目標に向かって色んなことにチャレンジしてください。

九州電気専門学校には、実際の現場と同じ設備を使って実習ができたので、戸惑うことなく業務に入ることができました。

伊藤 洋輔さん

九州電力送配電株式会社/電気工学科/2012年卒/生活に欠かせない「電気」を学びたいと思い、工業高校の電気科へ進学。高校卒業後の進路選択では「九州電力に入社したい」という目標を叶えるため、色々な大学や専門学校を調べて、九州電力への就職実績が豊富な九州電気専門学校へ。「九州電気専門学校では実践的なことを深く学ぶことができ、現場経験豊富な先生の手厚いサポートと相談しやすい環境のおかげで、九州電力(2020年4月1日より九州電力の送配電部門は九州電力送配電株式会社として分社化)に入社できました。入社して8年が経ち、責任のある仕事も任されるようになった今でも、九州電気専門学校での学びが基盤となって活かされています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
九州電気専門学校(専修学校/福岡)