• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 九州電気専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 宮尾 誠先生(電気工事 技能職)

福岡県認可/専修学校/福岡

キュウシュウデンキセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

現場の経験談が参考になる!会社の先輩のような先生

電気工事 技能職 
電気工事士科 
宮尾 誠先生
先生の取組み内容

九電工に勤務していた時代は、電気工事士として現場を巡り、2004年『建築マスター・優秀施工者国土交通大臣顕彰』と『現代の名工・卓越した技能者』、2008年には『黄綬褒章』をいただきました。その現場での経験と実績をもとに、実際の現場ですぐに役立つ実践的な授業を心がけています。自分の頭で考えて、仕事を効率的に進める工夫や、安全な作業のために、いつも片付けられた現場環境など、時には厳しく指導しています。住宅やビルがカラダなら、電気は心臓にあたります。停電・感電災害・漏電による火災事故などが減少するように、決して止めることのできないこの電気を守るために、一人でも多くの責任ある電気技術者を育てていきたいと考えています。

主体的に学び、確実に丁寧に仕事をすることの大切さを学生自身が気づく授業を心がけています

授業・ゼミの雰囲気

数々の受賞経験もある「現代の匠」が教えてくれるのは、チームワークの大切さ

接続・結線・墨出・配管(金属管・合成樹脂管)・ケーブル工事などの実技を学ぶ先生の授業は、実際の工事現場で使われている機器や材料などを使って、現場に近い環境のなかで行われるのが特徴です。電気工事士科は、1年という短い期間で知識と技術を身に付けるコースですから、リアルな環境のなかで着実に、技術が身に付くカリキュラムとなっているのです。実際の仕事をスムーズに、安全におこなうには、チームワークがもっとも大切だということを知っている宮尾先生は、授業で学生同士が協力し合う雰囲気づくりにも力を入れています。

いろんなタイプの学生がいますが、その個性に合った指導方法で、技術の習得、卒業までサポートしてくれます

キミへのメッセージ

いつも必要とされる電気の技。未来に残る仕事ができる技術者に!

現役の頃、私が関わったビルやタワーが、TVなどで紹介されるたびに、この仕事をしていて良かったと実感します。キミもモノづくりが好きな仲間たちに囲まれて、未来に残る仕事の技を身に付けてください。

「電気が通ってはじめて建物が生きる!次の時代をつくる電気工事士を送り出していきたいです」と、宮尾先生

宮尾 誠先生

電気工事 技能職
1966年、株式会社九電工に入社。2012年3月に株式会社九電工を退社し、2012年4月に九州電気専門学校の講師となる。趣味は、学生時代は野球と陸上長距離(駅伝)、社会人になってからは車(ラリー)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

九州電気専門学校(専修学校/福岡)