• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 群馬社会福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大野 美香さん(福祉保育学科/保育士)

群馬県認可/専修学校/群馬

グンマシャカイフクシセンモンガッコウ

子どもたちの笑顔を見ると、自然と笑顔になれるんです

先輩の仕事紹介

子どもたちの思いを受け止めて共感しながら信頼関係を築いていきたいです

保育士
福祉保育学科 卒/2017年卒
大野 美香さん

この仕事の魅力・やりがい

保育士として「中村保育園」に勤務して1年目。現在は2歳児クラスを担当しています。子どもと接するときに気を付けているのが「言葉づかい」。2歳くらいの子どもは、すぐに大人の口調の真似をするので、きれいな言葉で話すようにしています。また、子どもは大人の表情や声のトーンから敏感に気もちを感じ取るので、常に意識して話しかけるように心がけています。日々の成長を間近で見守れることが保育士として一番の喜び。子どもたちが、今までできなかったことができるようになって、「できた!」と喜んでいたら、その思いを受け止めて一緒になって喜んだり、たくさんほめてあげたり。そうやって信頼関係を築いていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

高校のとき、進路を選ぶにあたり、「保育」か「介護」か迷っていたんです。でもこの学校ならどちらも学べるので、私にぴったりでした。両方を学んで、幅広い世代の人とのコミュニケーションの取り方を身につけることができました。また、学校の隣には附属幼稚園があったので、授業でも実際に幼稚園児と関わりながら、実践に即して楽しく学ぶことができました。子どもと一緒に工作をすることで、ただやり方を教えるだけでなく、子どもの意見をしっかり聞いて、行きたい方向に上手に導いてあげることが重要だと気づけたのだと思います。一人ひとり異なる個性や思いを見極めて尊重することは、今も働くうえで大切にしています。

天気のいい日は外で遊ぶ!子どもたちも楽しんでいます

これからかなえたい夢・目標

1年間保育士として働いて、周りの状況を広く見て自分のやるべきことを判断したり、先を予測して準備することができるようになりました。目標は、「子どもだけでなく保護者からも信頼される保育士」になること。例えば保護者の方から子どもについて、「こういうときはどうすればいいですか?」などと相談されることがよくあるのですが、今はまだ自分だけで判断しないで、職場の先輩方に聞くようにしています。頼れる優しい先輩方が身近にいるので心強いですが、これからは自分も経験を積んで、自信をもってアドバイスできるようになりたいです。いつか「大野先生なら安心して子どもを任せられる」って言ってもらえたらうれしいですね。

子どもたちの日々の成長を見守るのが喜びです

【人の役に立つ】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

大野 美香さん

社会福祉法人 けやき福祉会 中村保育園 勤務/福祉保育学科 卒/2017年卒/「群馬社会福祉専門学校で学んで本当によかったと思っているんです!」と大野さん。先生方はいつも優しく、分からないことや困ったことは何でも相談できる心強い存在だった。「苦手なピアノも、放課後残って指導してもらえました」。何より「保育」と「介護」の両方を学べたことが、今の仕事に活かせている。「どちらも人と深く関わる仕事という点では共通ですし、知識や技術で重なる部分も多いです。一概に『子ども』『高齢者』といっても、性格や望んでいることは人それぞれ。一人ひとりの個性を尊重しながらコミュニケーションをとるスキルを身につけられた気がします」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

群馬社会福祉専門学校(専修学校/群馬)