• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 御茶の水美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平渡 晴大さん(デザイン・アート科/住宅メーカーの企画営業)

企画営業の仕事につながる学び

右へ
左へ

「好き」にとことん挑戦したことで、仕事に欠かせないスキルが身についた

就職活動中は業界・業種にこだわらず、興味のある分野の会社をすべて訪問。その結果出会ったのが、ユニークな発想で住宅販売を手掛ける同社。企画営業を担当する平渡さんにお話を伺いました。

住宅メーカーの企画営業
デザイン・アート科
(2019年卒業)
平渡 晴大さん
  • 住宅業界/株式会社三栄建築設計 メルディア東京
入社1年目にして、社内プレゼン大会で優勝しました

OCHABI時代の学びはすべて今の仕事に活かせています

OCHABIを選んだのは、自分がやりたいことを自由にできる学校だと思ったからです。実際、その通りの環境で、学生時代は枠にとらわれることなくやりたいことにはどんどん挑戦しました。得意だった模型づくりは現在家の模型づくりに、企業実習で培ったプレゼン力は提案力に、Illustratorなどのソフトを使用したデザインのスキルはポスター作りにと、学生時代、自由にやってきたことが企画営業の仕事に活かせていますね。

学生時代は模型づくりに没頭しました

右へ
左へ

「なぜ?」という問いかけに自分なりの答えを見つけることの大切さ

学生時代に作品づくりを進めていたとき、先生方から「なぜそれを作るのか?コンセプトは?」とよく聞かれました。それに対し、その度に自分の作品づくりを振り返り、言葉で説明していたことが今とても役立っています。こうしたスキルは、どのような仕事に就いても活かされると思っています。今の会社も特定の分野にとらわれず自由な発想ができる環境なので、学生時代のさまざまな経験が営業という仕事においても役立っています。

プレゼンテーションをする機会もたくさんありました

右へ
左へ

ひとつとして同じ家はつくらない。それが当社のミッションです

自作の模型を駆使してクライアントに提案することも

ショールームでのご案内も行っています

当社では、設計・工事・土地の仕入れ・企画営業・仲介営業が1つのチームを組み、家づくりを行っています。私の担当は企画営業。チームで立案した家のコンセプトを売主としてお客様に的確に伝えることが私の役目です。入社前は設計を担当したいと思っていましたが、当社の場合、営業も家づくりに関わることができるため、企画営業を選択。将来はこれまでにない住宅の販売方法などを提案できるようになりたいと思っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

御茶の水美術専門学校(専修学校/東京)