• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 広島コンピュータ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合情報科
  • オフィスビジネスコース

広島県認可/専修学校/広島

ヒロシマコンピュータセンモンガッコウ

オフィスビジネスコース

ソフトウェアとハードウェアも学び、オフィスで頼られる人材を育成します

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

目指せる仕事
  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • PCインストラクター

    パソコンの基本操作やソフトの使い方をわかりやすく指導

    パソコンスクールやパソコン教室で、一般のユーザーに対して、パソコンの基本操作や代表的なビジネスソフトの使い方などを指導する。パソコン初心者や操作経験の浅い人を教えることも多いため、単にパソコンに詳しいだけではなく、初心者が戸惑いがちなポイントを押さえてわかりやすく指導する技術も大切になる。資格がなくても仕事に就くことはできるが、ソフトメーカーや業界団体などが認定するインストラクター資格を取得して活躍している人が多い。企業や個人宅に出張して指導する場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 100万円  (入学金12万円含む)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

表計算やワープロなどの基礎から応用まで学び、上位資格取得にチャレンジ
ソフトウェア・ハードウェアの知識をバランスよく学び、ビジネス検定や国家資格取得をめざします。上位資格にもチャレンジし、ビジネス現場で利用されるオフィスソフトに精通したオフィスマスターに。プログラミングなどの知識も深めることで、簡単なプログラム言語を用いた業務効率のためのツール作成なども学びます。

資格

「マイクロソフトオフィスマスター」も取得がめざせます
マイクロソフトオフィスの規定の4つの試験合格者に贈られる、複数のアプリケーションソフトの総合的なスキルを証明する称号が「マイクロソフトオフィスマスター」。Excel(R)やWord、PowerPoint(R)、Access(R)など、オフィス系資格に加え、さらに簿記やビジネス能力検定など就職後の実務で活かせる資格の取得もめざせます。

クチコミ

ソフトウェアとハードウェアをバランスよく学ぶことで見える仕事のカタチ
事務所で発生するトラブルの多くは、インターネット回線や社内LANなどの接続不良や、プリンタの印字不良などです。このような、ソフトとハードのどちらが原因なのか切り分けが難しいトラブルにも対応できるスキルも本コースでは磨くことができます。伝統ある広コンならではのコースです。

施設・設備

授業時間外も自由に使用が可能なコンピュータルーム
システム開発や3DCGなど、プログラムやゲーム制作に対応したハード&ソフトが充実したコンピュータルームは、授業時間外も使用可能。資格取得対策や自習、作品制作など、自由に取り組むことができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) (Excel(R)、Word、Access(R)、Power Point(R)) 、
    • 簿記能力検定試験

    マイクロソフトオフィスマスター

就職率・卒業後の進路 

事務、ビジネススタッフ、営業、システムアドミニストレータ、インストラクター、オペレータなど

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒733-0013 広島市西区横川新町7-12
TEL 0120-463290
shinro@hsc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市西区横川新町7-12 JR/山陽本線・可部線横川駅下車 徒歩3分。
広島市内電車/横川行き横川一丁目下車 徒歩3分。

地図

 

路線案内


広島コンピュータ専門学校(専修学校/広島)