• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 広島
  • 広島工業大学専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 柏原 隼俊さん(土木工学科/土木施工管理技士)

先輩の仕事紹介

将来に渡り残る仕事。父を超え、さらに人々の安全な暮らしを高い技術で守りたい

土木施工管理技士
土木工学科 卒/2015年卒
柏原 隼俊さん

この仕事の魅力・やりがい

公共工事を主として土木施工管理を行っています。現場ではさまざまな状況があり、簡単にはいかない事ばかり。それでも苦労して現場が完成した時は現場の責任者として嬉しく感じますし、さらに地域の方に利用されているのを目の当たりにすると「やって良かったな」とやりがいに思います。仕事をする上では「技術の向上・修練」を日ごろから意識して取り組んでいます。地域の安全を確実に確保するためには確かな技術が必要とされるから。また、わからないことに対してもまずは自分の頭で考え自ら行動することを心掛けています。今後は、建設業の課題でもあるICT施工を公共工事で活用、実践していきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

憧れは土木施工管理の仕事をしている父。高校時代、父の働く会社でアルバイトし、業界の厳しさと同時にやりがいを感じました。そして進学先に選んだのが広島工業大学専門学校。また、就職先に今の会社を選んだのは、業務内容はもちろん会社としての姿勢に共感したから。土木、リサイクル、建築、不動産を一貫して自社で行える施工サイクルがあり、環境に配慮した建設資材のリサイクル業務に取り組むなど社会貢献に対する意識が高い点はポイントでした。この業界に必要なのは、ダメなことはダメとはっきり意見できる人。なぜなら建設業は危険と隣り合わせで命のかかった仕事だから。遠慮せず自分の思いを伝えることが、現場では大事なんです。

学校で学んだこと・学生時代

この学校は、土木の基礎知識はもちろん、実践的な内容の授業が豊富で、土木業界を目指すならベストな環境。一番の魅力は建設で欠かせない測量スキルと土木施工の対策講座が充実している点です。学校では、とにかく現場で不可欠な土木施工管理技士二級の講習に力を注ぎました。良心的な先生の教えのもと、同じ目標を持つ仲間と信頼関係を築き、ともに助け合いながら学習したことはよい思い出です。この出会いにより、学習も遊びも充実した学生生活になりました。友人や先生方とは今でも仕事やプライベートにと交流をもっています。また、資格を学生時代に取得できたことで、現場で責任ある業務に携われていますし、しっかり社会で役立っています。

柏原 隼俊さん

株式会社熊野技建勤務/土木工学科 卒/2015年卒/高校2年生の時に父の会社で経験したアルバイトで、土木施工管理の仕事に就きたいと決心。広島工業大学専門学校で学び、夢を実現した。地域の安全を確実に守るという高い意識を持ち、ICT施工にもチャレンジしたいと前向きに仕事に取り組む日々。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
広島工業大学専門学校(専修学校/広島)