• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 香蘭ファッションデザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 髙木 姫美加さん(ファッションテクニカル科/ソーイングスタッフ)

福岡県認可/専修学校/福岡

コウランファッションデザインセンモンガッコウ

ミシンに向かう時間が楽しくてたまりません!

先輩の仕事紹介

大好きな服作りを仕事にできる幸せ! KORANで磨いた縫製技術と幅広い服飾知識が生きています

ソーイングスタッフ
ファッションテクニカル科/2015年3月卒
髙木 姫美加さん

この仕事の魅力・やりがい

当社は大正2年創業の歴史ある会社で、自社で織った上質な木綿を使ってはんてんや作務衣、和テイストの洋服などを作っています。私は洋服部門の縫製を担当。製造ラインの一部を担当してスピーディーに縫製するほか、商品化する前のサンプルの洋服を1着縫い上げる業務を担当することも。そんなとき、KORANで身に付けた縫製技術や幅広い洋服の知識がとても役立っています。縫製が大好きなので、毎日ひたすら縫うことに没頭できて幸せな日々。自分の仕事が1つの製品になってお客様の手にとっていただけることが、大きなやりがいです。時には失敗もありますが、頑張るだけ技術が身につき、日々学ぶことがたくさんあります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学校へ上がる前から縫い針を扱っていたほど、ものづくりが大好きでした。縫製の仕事をしていた祖母に憧れ、自分も「洋服を作る仕事をしたい」とずっと思っていました。KORANでミシンに熱中できる2年間を過ごし、さらにその思いが強くなりました。今勤める「宮田織物」は、実は小学生の頃に社会科見学で来たことがある、縁のある会社。ただ服作りをするだけでなく、生地のデザインや織り、服のデザイン、生産、販売まで一貫して行う珍しい会社です。「つくる」ということを突き詰められるクリエイティブな環境に惹かれ、「ここで服作りに熱中したい」と入社を目指しました。

サンプルで作った製品のチェックも大事な仕事

学校で学んだこと・学生時代

高校は総合学科で、服作りの専門知識は全く持っていませんでした。でもKORANでは、ミシンの直線縫いから始めてイチから服作りの基礎を教えてもらえ、2年間で今の仕事の工程の基礎となる技術・知識も身に付けることができました。縫製スキル以外にパターンについてしっかり学べたので、今も立体になった形を思い浮かべながら縫うことができ、とても役立っています。学校ではミシンを踏んでいる時間が一番長かったと思います。暇さえあればミシンを踏んでいました(笑)。服が好きな友人達と、「好き」を思いっきり楽しめた学生時代は、本当に充実していました! 当時作った自分の服は、今でも普段着として使っています。

一つ一つのパーツを大切に、縫製に臨みます

髙木 姫美加さん

宮田織物株式会社/ファッションテクニカル科/2015年3月卒/福岡県筑後市出身。子どもの頃から憧れていた洋服作りを学ぶため進路を検討していたとき、KORANで行われていたサマーショーを見に行くことに。そのクオリティの高さと、キラキラと輝く先輩達の雰囲気に惹かれて「ここでこんな服を作れるようになりたい!」と入学を目指したそう。学生時代、そして地元の老舗会社「宮田織物」就職後も、大好きなミシンに触れ続けられることが楽しくてたまらないという髙木さん。「これからもたくさん経験を積んで、たくさんのお客様に喜んでいただける商品を作りたい。一生ものづくりに携わりたいです」と抱負を語った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
香蘭ファッションデザイン専門学校(専修学校/福岡)