• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 香蘭ファッションデザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中島 華菜子さん(ファッションテクニカル科/ファッションスタイリスト)

「かわいい」「素敵」と喜んでくれるのが何より嬉しいです

先輩の仕事紹介

「スタイリスト」として自分が携わったアイドルのステージは、ひときわ感動します!

ファッションスタイリスト
ファッションテクニカル科/2016年3月卒
中島 華菜子さん

この仕事の魅力・やりがい

中心の仕事はアイドルグループのスタイリングです。劇場公演やライブ、そして写真撮影などの際に、いわゆる「衣装さん」として関わります。スタイリング以外にも、衣装制作のサポート、衣装管理、メンテナンスと幅広く携わっています。華やかなイメージをもたれがちですが、案外と地味で、体力が必要な業務が多数あります。ハードスケジュールで大変なこともたくさんありますが、自分が携わったステージやメディアを見ると、かけがえのない充実感を覚えます。また、衣装を着てくれた本人が「かわいい」「素敵」と喜んでくれると、この仕事に就いて良かったなと心から思えます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の頃から、漠然と「アイドルに関わる仕事がしたいな」と思っていたのですが、中学生の私にはエンタメ業界は遠すぎる存在で、具体的な将来像を思い描けませんでした。一方で、料理にも興味があったので、調理師になることを目標にして、高校は生活科に進みました。生活科の授業で初めて洋服を作ったところ、すごく楽しくて、もしかしたらこの楽しい服作りを突き詰めていくと、アイドルに関わる仕事ができるかもしれないと思い、ファッションを学べる専門学校に進学しました。そして洋服作りのベースとなるソーイングやパターンメーキングの技術をしっかり学ぶために、ファッションテクニカル科を選びました。

スタッフと次の衣装についての綿密な打ち合わせ中

学校で学んだこと・学生時代

専門学校時代は、とにかくたくさん服を縫っていました(笑)。数をこなすことで様々な縫製のスキルが身についたという実感があります。パターンに関してもきっちり基礎から学べたことが今の仕事に活かされています。服作りの根幹はパターンとソーイングだと思いますので、そうした技術を確実に持っていることは、この業界では大きな強みになります。また、現在の職場は学校時代の先生から紹介していただいたので、香蘭に入学することなしには、今の自分はなかったと断言できます。今後の目標は、自分にしかできない技術を身につけ、服に関することならどんなことでも任せてもらえる「衣装さん」になることです。

学校で学んだソーイングやパターンメーキングが活きています

中島 華菜子さん

株式会社オサレカンパニー新潟支社 勤務 衣装チーム スタイリスト/ファッションテクニカル科/2016年3月卒/熊本県宇土市出身。卒業後は縫製工場での勤務の後に、2018年に現在の会社に転職。「九州で働くつもりでいたので、新潟支社と言われた時は正直迷いましたけど、思い切って来て良かったです」と笑う。好きなことを仕事にするヒケツは、「嫌いになる覚悟を持つことですね」と答えてくれた。高校生へのメッセージは「自分のやりたいこと、興味があることを思いきりやってみてください!」とのこと。趣味は料理、そして、アニメと舞台鑑賞。時には東京まで舞台鑑賞に行くことも。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
香蘭ファッションデザイン専門学校(専修学校/福岡)