• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際製菓技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 犬飼 美緒さん(製菓技術学科/パティシエ(洋菓子職人))

愛知県認可/専修学校/愛知

コクサイセイカギジュツセンモンガッコウ

お客さまとの会話を大切にしたいと思っています

先輩の仕事紹介

お菓子を目の前にすると笑顔になる。そんな瞬間に少しだけ関われるのが嬉しいです!

パティシエ(洋菓子職人)
製菓技術学科2年コース/2011年3月卒
犬飼 美緒さん

この仕事の魅力・やりがい

専門学校を卒業後5年間ケーキ屋さんで修業を積み、2016年2月に念願だった自分をお店を開業しました。「Cake&Cafe NICOL(ケーキとカフェ ニコル)」というお店の名前は飼っていた猫がニコルという名前だったことと、猫のニコルのようにたくさんの人に愛されるお店にしたいと思ったからです。また、お客さまとの会話を通したコミュニケーションを大切にしたかったので、販売だけではなく、カフェも併設したいと思っていました。カフェで寛いでいただきながら、気持ちがほっとする時間を提供できる場所にしたかったんです。自分が作ったお菓子で人の心を癒せることがなによりのやりがい。いつまでも地域に愛されるお店であり続けたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃からケーキやクッキー、チョコレートなどのお菓子を食べることが大好きでした。姉が小学生くらいの頃お菓子づくりをしていたのを見て、私も姉の真似をしてお菓子づくりをはじめたんです。私が作ったものを食べて喜んでもらえることがとても嬉しかったのを覚えています。楽しい思い出のそばにはいつもお菓子があって、お菓子を目の前にするとみんなが笑顔になる。そんな瞬間に関わりたいという気持ちからパティシエになりたいと思ったんです。自分のお店を持った今、カフェでお客さまと会話を楽しみながら、大好きなお菓子とみんなの笑顔に包まれる瞬間が至福の時。この仕事と出会えてよかったと実感しています。

パートドフリュイなど、作りたかったお菓子も大人気!

学校で学んだこと・学生時代

専門学校への進学を考えていた頃、国際製菓技術専門学校のオープンキャンパスへ参加しました。その時教えてくれた先生がとても丁寧で在校生の方の様子も楽しそうだったことと、実際にパティシエとして活躍している先生から実践的な知識と技術を教えてもらえることを知り、国際製菓技術専門学校への入学を決意しました。実習を通して様々な技術が学べたのはもちろん、なぜスポンジが膨らむのかや湯煎をすることの意味などを学ぶ製菓理論など、今の仕事に役立つ知識もしっかりと学ぶことができました。基本的なことなのですが、挨拶の習慣が身についたことも、非常に大きな収穫でした。コンテスト大会にチャレンジしたことも楽しい思い出です。

専門学校の2年間で、お菓子づくりの基本を学べました

【やっていて楽しい】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

犬飼 美緒さん

Cake&Cafe NICOL(ケーキとカフェ ニコル) 経営/製菓技術学科2年コース/2011年3月卒/子どもの頃から食べることが大好きで、姉がお菓子づくりを始めた頃その横でお菓子づくりに初挑戦。家族や周りの人に美味しいと喜んでもらえたことに感動し、みんなを笑顔にできるパティシエに憧れを抱く。食物科のある高校へ進学して調理の基礎を学び、国際製菓技術専門学校へ進学。卒業後は5年間ケーキ屋さんでパティシエとしての技術を磨き、2016年2月、Cake&Cafe NICOL(ケーキとカフェ ニコル)を開業する。現在は「ひとりでも多くのお客さまの思い出に残るお店にしたい」という想いを持ち、パティシエ兼オーナーとしてお菓子づくりと経営に情熱を注ぐ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
国際製菓技術専門学校(専修学校/愛知)