• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際製菓技術専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 上野 幸一先生(パティシエ(洋菓子職人))

愛知県認可/専修学校/愛知

コクサイセイカギジュツセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

お菓子作り+パティシエに必要なモノまで教えてくれる先生

パティシエ(洋菓子職人)
製菓技術学科 
上野 幸一先生
先生の取組み内容

本やネットを見ればほとんどのお菓子が作れる時代ですが、同じ材料を使い同じ分量・同じ製法を用いても、まったく違うケーキができあがることがあります。ふんわりと焼き上がらなかったり、舌触りがザラザラしていたり。美味しいお菓子を作るには“コツ”を掴むことが大切。そのためには素材(卵・粉・バターなど)の特徴や性質を理解することが重要です。学校では卵や砂糖の役割など、お菓子を作るうえで必要な知識を丁寧に学ぶことができます。また、材料をしっかり混ぜるか軽く混ぜるかによって仕上がりが違うことや、材料を温めることの意味なども学べます、さらに、プロのパティシエになるためにはお菓子を作るということ以外にも大切なことがあります。プロに必要な知識や技術だけではなく、就職後に役立つ考え方や姿勢も身につけてほしいです。

専門学校で技術や知識が身につくのはあたりまえ。姿勢や考え方など就職後に役立つことも修得できます

授業・ゼミの雰囲気

パティシエ業界の実情など、プロとして伝えておきたい大切なことを織り交ぜた実践的な活気溢れる実習!

「専門学校は就職する前の通過点です」と語る上野先生。お菓子作りができれば良いわけではなく、社会に出るにあたり、挨拶や礼儀も大事ということなどを伝えながら実習を行っています。例えば、オーブンに生地を入れて焼き上がりを待つ時間には、現在のパティシエ事情や就職後に必要な知識、リアルタイムのパティシエ業界の声などを学生にわかりやすく伝えます。単なるお菓子作りの技術が学べる実習ではなく、卒業後にパテシィエとして働く上で知っておくべき内容が満載。上野先生が語る一言一言に、学生たちは真剣に耳を傾けています。

パテシィエとして第一線で活躍中の上野先生が、プロならではの技術や考え方を丁寧に指導してくれます

キミへのメッセージ

人を笑顔にできるパティシエは素敵な仕事!夢実現を目指して頑張りましょう

お菓子作りの理論と技術をしっかり習得すれば、その人の魅力として一生の財産になることは間違いありません。真面目に授業に取り組み、希望の就職先でパティシエとしてデビューをするために一緒に頑張りましょう!

「パテシィエは、自分が作ったお菓子で人を幸せな気持ちにできるすばらしい仕事です」

上野 幸一先生

専門:洋菓子
高校卒業後、地元の「ル・スリジェダムール洋菓子店」に就職。4年間経験を積み、その後は、東京や埼玉で5年間修業する。現在は7店舗を運営する「ル・スリジェダムール洋菓子店」で専務取締役として活躍中。さらに、10年以上に渡り国際製菓技術専門学校・製菓技術学科および製菓衛生師学科の非常勤講師として学生の指導にあたり、同校の最高顧問も務める。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

国際製菓技術専門学校(専修学校/愛知)