• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 沖縄
  • SOLA沖縄保健医療工学院
  • 在校生レポート一覧
  • 山内 誠七さん(救急救命士学科/1年生)

沖縄県認可/専修学校/沖縄

ソラオキナワホケンイリョウコウガクイン

専門的な学びが多く、入学当初は難しいと感じていましたが、先生方や友人のサポートもあり充実した日々です。予習・復習を心がけ、もっと実践力を磨いていきたいです。

キャンパスライフレポート

人命救助の最前線で、消防隊の一員として活躍したい!

救急救命士学科 1年生
山内 誠七さん
  • クラブ・サークル: 救命サークル

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    1000時間を超える実習で実践力がUP!

  • キャンパスライフPhoto

    経験豊富な先生方に学べるのがうれしい!

  • キャンパスライフPhoto

    予習・復習にもっと力を入れていきたいです

学校で学んでいること・学生生活

救命処置が必要な傷病者のために、いざというときに人命救助をするのが救急救命士の役割です。学校では、“即戦力”となる人材を育てるためのカリキュラムが用意されており、隊活動訓練など実践を踏まえた実習が1000時間以上あるほか、薬学や人体構造、救急処置など、1年次から医学の知識をしっかり学んでいます。

これから叶えたい夢・目標

東日本大震災が起きた小学生の頃。命の現場で懸命に活動をする消防隊を映像で見て、「すごい!」と感銘を受け、自分も1秒でも早く人命救助の現場で働きたいと思うようになりました。その夢を実現するために、救急救命士の国家試験と公務員試験に合格するのが目標です。SOLAで3年間学び、命の最前線で活躍したいです。

この分野・学校を選んだ理由

この学校を選んだ理由は、1000時間を超える豊富な実習があることと、消防や医療に関わるプロフェッショナルな先生たちに学べることが大きいです。スポーツ大会へのボランティア活動もとても勉強になります。

分野選びの視点・アドバイス

救急救命士に必要な技術を身につけるため、実習を通じて体で覚える機会に恵まれています。他学科の人に心臓マッサージの仕方を教えたり、消防隊の方と一緒にボランティア活動をしたり、実践の場が多いのが魅力です。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 LHR 人体の構造 救急救命実習I 潜水士基礎学 化学
2限目 救急医学概論 人体の機能 救急救命実習I 数的推理 LHR
3限目 文章理解 救急救命実習I 救急救命実習I 生化学 公衆衛生概論
4限目 小論文対策 救急救命実習I 救急救命実習I 生化学 処置各論I
5限目 救急救命実習I 救急救命実習I
6限目

実習の授業が多く、体に覚えさせる実践的な学びが魅力的です。放課後は、「救命サークル」の活動やバイト、勉強の両立を頑張っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

SOLA沖縄保健医療工学院(専修学校/沖縄)