• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • SOLA沖縄保健医療工学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • スポーツ科学CSトレーナー学科

沖縄県認可/専修学校/沖縄

ソラオキナワホケンイリョウコウガクイン

スポーツ科学CSトレーナー学科

定員数:
40人

アスリートを支える、スポーツで人々を健康へ導く人材を育成

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • リゾートスポーツインストラクター

    アウトドアでの楽しみ方を指導

    アウトドアでのスポーツやレジャーの専門知識を持ち、講習会やスクール、または現地で、安全な楽しみ方や専門技術を指導する。スキューバ・ダイビングなどのウォータースポーツ、パラグライダーやスカイダイビングなどのスカイスポーツのほか、登山のガイド、キャンプの指導員などもある。

  • アスレティックトレーナー

    スポーツ競技者の健康・コンディション管理やリハビリなどをサポート

    試合や競技会、練習などのスポーツの現場で、競技者の健康やコンディションの管理、ケガの予防や応急処置、リハビリのサポートなどを行う。ストレッチやテーピング、アイシングなどの専門的な技術が求められる。最近では、スポーツ競技者だけでなく、福祉施設などで高齢者の健康増進やリハビリのために働くケースも増えている。日本スポーツ協会が認定するアスレティックトレーナーなどの資格があるほか、理学療法士、柔道整復師などの国家資格を生かして活躍している人も多い。

初年度納入金:2019年度納入金 79万円  (入学金10万円込み。テキスト代、特別実習費、各種検定料金・教育活動補助費等は別途負担)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

一般からアスリート、高齢者、障がい者まで健康をサポートするスペシャリストを育成します
スポーツ選手の体調管理、トレーニング、リハビリまでをサポートするスポーツトレーナーや、暮らしの中でより多くの人たちにスポーツの楽しさを伝えていくインストラクターを目指し、専門的な知識と技術を学び、フィジカルとメンタルの両面からサポートできる人材を育成します。

カリキュラム

科学的な根拠と経験に基づいた様々なトレーニングを学びます
科学的な根拠と経験に基づいたトレーニングで、より健康的な体をつくるために自らが体を動かし実践。即戦力が身に付き、資格取得の道も開けてきます。エアロビクスダンス、ストレッチ、障がい者スポーツ、アクアエクササイズ、ウエイトトレーニング、テーピング、スポーツ栄養学など、様々なトレーニングを学びます。

実習

現場での実践活動を重視!
スポーツ大会運営ボランティア、スポーツマッサージ、障がい者スポーツなどを通し、現場で実践活動を学びます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    スポーツの楽しさを伝え、将来はプロのアスリートを育成したい!

    高校時代は、サッカーの部活動に熱中していました。進路を決める段階で、親から「自分がやりたいことをやった方がいいよ!」とアドバイスされ、大好きなスポーツに関わる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。

    SOLA沖縄保健医療工学院の学生

卒業後

きめ細かな就職サポートシステム
1年次から始まる企業実習、就職研修により自分の就業意識を高め、目標を明確にします。そして各種資格を取得して、より就職に有利になるように指導していきます。また入社試験対策では、面接・電話対応・プレゼンテーション方法など、万全の体制でフォロー。もちろん、就職担当のフォローも万全です。

資格

スポーツトレーナーとして必要な資格取得-主に目指す資格-
・NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】
・健康運動実践指導者
・JATI認定トレーニング指導者
・ストレッチポールBasic7
・キネシオテーピングトレーナー
・介護職員初任者研修修了者
・幼児体育指導者2級

施設・設備

やる気と創造力がみなぎるSOLAの施設は実践重視
学生たちの勉学意欲を最大限に引き出す開放的な空間と、企業での実践に備えた様々な設備が整います。本格的な機材と設備を整えたトレーニングルーム・体育館など、全てがプロ仕様の設備となっています。

オープンキャンパスに行こう

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】 、
    • 健康運動実践指導者 、
    • 介護職員初任者研修修了者

    JATI認定トレーニング指導者
    ストレッチポールBasic7
    キネシオテーピングトレーナー
    幼児体育指導者2級

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ロクト整形外科 、 株式会社りゅうせきエネプロ ぴたさぽ 、 ネイチャーフィットネスジム 、 ジョイフィット ほか

※ 内定先一覧

2019年3月卒業生内定先(2019年1月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-9-8
0120-764-701

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市大山7-9-8 「那覇空港」駅から車で 約30分

地図

 

路線案内