• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 沖縄
  • 沖縄医療工学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 柔道整復学科

沖縄医療工学院 柔道整復学科

定員数:
30人

柔道を源流とした医療技術を学び、スポーツや介護・福祉現場で活躍できる人材を育成!

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 福祉・介護職員

    食事、入浴からレクリエーションまで、要介護のお年寄りや障害者の生活を支える仕事

    介護が必要なお年寄りや障害者に対して、食事、入浴、排せつ、衣服の着脱、移動などのサポートをする。さらに散歩や買い物の援助、レクリエーションの企画・実施など仕事の内容は幅広い。老人福祉施設や障害者福祉施設などに就職して、入居者をサポートする場合もあれば、訪問介護サービス事業者に就職し、利用者の自宅でサポートを行う場合もある。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 柔道整復師

    打撲や捻挫、骨折などに対し施術を行う専門家

    柔道整復師は、厚生労働大臣により医業類似行為が認められた国家資格をもつ専門家で、骨つぎ、接骨師、整骨師などとして知られています。柔道から派生した日本独特の伝統療法である柔道整復術を習得。骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術などの出血を伴う観血的療法ではなく、手技による非観血的療法によって整復・固定などを行い、身体に本来備わっている治癒能力を最大限に引き出す施術をします。国家資格取得後は、整骨院などで働くのが一般的ですが、スポーツトレーナーとなったり、機能訓練指導員として介護の分野で活躍する人もいます。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツ用品・施設店員・店長

    競技経験を生かしてスポーツを楽しむ人たちをサポート

    スポーツ用品店やスポーツ施設では、さまざまな競技経験者が働いている。例えば、スポーツ用品店の中でも特定の競技の専門店や専門フロアで働く店員・店長は用具選びや用具の使い方に関してアドバイスを求められることも多く、競技経験を生かした提案ができる。テニスコートや野球場、プールなどのスポーツ施設で働くスタッフも、競技や用具に関する知識を生かして、安全な利用をサポートすることができる。初心者と接する機会も多いので、わかりやすく説明する力も大切だ。

初年度納入金:2023年度納入金 161万円  (入学金20万円、特別実習費、各種検定料金・教育活動補助費等込み。テキスト代のみ別途負担)
年限:3年制

沖縄医療工学院 柔道整復学科の学科の特長

柔道整復学科の学ぶ内容

柔道整復学を学び、医療のスペシャリストを育成
骨折、脱臼、打撲、捻挫などの運動時の損傷に対して、整復法や固定法を学び、手術をしないで治す治療法「柔道整復」を学びます。柔道整復師は優れた医療技術者であるだけでなく、心のケアも問われるため、コミュニケーション能力なども含め、現場を常に考えた教育方針に基づき、医療のスペシャリストを育成します。

柔道整復学科のカリキュラム

柔道整復の基礎と技術を学び、専門技能を臨床的・実践的に習得
1年次は、生物学、心理学、医療英語、解剖学等、基礎的な学習が主体。2年次は、病理学、運動学をはじめ、リハビリテーション医学、外科学等を専門的に学び、臨床実習を実施。3年次には、これまでに学んだ基礎的な知識と技能を体系化し、より具体的に深めていきます。画像診断法等の実技を学び、整復固定法も習得します。

柔道整復学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    スポーツ選手からお年寄りまでサポートできる柔道整復師が目標です!

    柔道整復師の資格取得とバレーボール部があることから本校へ入学しました。将来の仕事で、スポーツに関わって行きたいという気持ちが強く、柔道整復師は現場で活かせる資格でもあると思いました。

    沖縄医療工学院の学生

柔道整復学科の資格

3年間で柔道整復師<国>の合格を目指します
打撲・捻挫・脱臼や骨折だけにとどまらず、現代病ともいわれる運動器疾患やスポーツ障害等にも対処する柔道整復師<国>の資格取得を目指します。講義を通した座学指導から、柔道や実技指導を通し、国家資格取得をしっかりとサポートします。

柔道整復学科の施設・設備

学生の勉学意欲を最大限に引き出す施設・設備が充実
授業以外にも自由に利用できる「トレーニングルーム」は、フリーウエイト・フィットネスマシン等、本格的な機材と設備が整っています。体育館、エアロビクススタジオ、整体・臨床実習室をはじめ、図書館やパソコンルームも完備しています。

柔道整復学科の奨学金

学園独自の奨学金制度で学生をサポート
「SOLA沖縄学園奨学金」(指定校推薦※)、「ひとり親家庭奨学金」「兄弟姉妹奨学金」等、学校独自の奨学金制度のほか、独立行政法人 日本学生支援機構の奨学金で、学生をサポートします。※指定校推薦の対象校・人数については在籍校へご確認ください。

沖縄医療工学院 柔道整復学科のオープンキャンパスに行こう

柔道整復学科のOCストーリーズ

沖縄医療工学院 柔道整復学科の学べる学問

沖縄医療工学院 柔道整復学科の目指せる仕事

沖縄医療工学院 柔道整復学科の資格 

柔道整復学科の受験資格が得られる資格

  • 柔道整復師<国>

沖縄医療工学院 柔道整復学科の就職率・卒業後の進路 

柔道整復学科の主な就職先/内定先

    あおば整骨院、元気開発、みよし整骨院、シナジージャパン ほか

※ 2021年3月卒業生実績

沖縄医療工学院 柔道整復学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-9-8
0120-764-701

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市大山7-9-8 「那覇空港」駅から車で 約30分

地図

 

路線案内


RECRUIT